こんなことがあったら外壁塗装をしましょう

一度、家の外に出て家を見つめてみてください。その家で外壁塗装をすべきかどうかがパッと見で分かるでしょうか。よほど汚れていたり、ボロボロになっていたりという状況でもない限りはいつ外壁塗装をすべきか分からないかと思います。そのために今回はどの程度の状態になったら外壁塗装をすべきかという点をお伝えしますので、読み終わった後にまた外壁を見てみて、どれくらいのものなのかを判断しましょう。まず少し外壁を触ってみてください。その時に手に細かい粉がついたら、外壁塗装をする時期だということです。これはチョーキング現象と呼ばれ、外壁塗装の時に使った塗料が劣化によって発生しております。これを放置するとひび割れやら外壁にカビが生えるなどのトラブルになりますので注意しましょう。これは簡単にチェックできるものですのでぜひ一度お試しください。また外壁にひび割れができていた時には、外壁塗装だけではなく修理が必要になるでしょう。修理をした後にちゃんと外壁塗装をし直せば、また綺麗な外壁に元通りになるのです。ひび割れは特に雨漏りの原因にもなりますので、見つけた場合にはすぐに修理と外壁塗装を依頼しましょう。このように外壁塗装をするタイミングを知ることは難しくありませんので、ぜひ一度皆さまのご自宅の外壁をご確認ください。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0120-401-273
3つの項目で カンタン見積り