外壁塗装の匠 TOP > こんなはずじゃなかった・・・とならない為に

こんなはずじゃなかった・・・とならない為に

外壁塗装は外壁を守る為に必要な作業です。新しい家に引っ越してきた時には、元々塗装がされていますが効果がいつまでも続くというわけではなく、新たに塗装をしなければならない時期がやってきます。しかし、外壁塗装を行った後こんなはずじゃなかった・・・と後悔してしまう事もあります。そうならない為にはどうすればいいのでしょうか?

■サンプルを見る時の注意点

外壁塗装を始める前にサンプルを確認する場合は多いと思います。しかし、いざ作業が完了した時にサンプルの色と違う!というような事態に陥る事があります。何故そのような事が起こってしまうのでしょうか?
それは人間の目の錯覚が原因です。塗料のサンプルを見る時には、外壁に比べると随分とし小さな範囲でしか確認することが出来ません。しかし、広い範囲に塗ることで目が錯覚を起こし実際よりも明るい色に見えてしまうことがあるのです。なので、サンプルを確認した時にはサンプルよりも少し明るい色になるというイメージを持っておくことで錯覚にも対応することが出来ます。また、太陽の光も考慮する必要があるので、サンプルを確認する時には晴れた日に外に出て実際に光を当ててみましょう。より近い条件を求めるのならサンプルを壁に当ててみるのもいい方法かもしれません。

このようにサンプルを見るだけでも様々なポイントがあります。外壁塗装を行う前には必ず確認するようにしましょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827