外壁塗装の匠 TOP > こんな時には塗り替えましょう

こんな時には塗り替えましょう

塗装したものは時間が経つにつれてどうしても劣化してしまいます。劣化したら塗り替えてしまえば良いのですが、問題は「いつ塗り替えるのか?」ということです。
大体10年に一度は塗り替えが必要と言われていますが、塗り替えなければならないというサインを壁が自然に出してくれる時があります。
以下のようなときは塗り替えを検討しましょう。

■チョーキング(白亜化)している時
壁が太陽や酸性雨などで傷むと、色あせて防火性が失われてきます。
そうなると表面が粉っぽくなり、手で触ってみると黒板のチョークを触った時のように真っ白に粉が付くのが確認できます。

■ヒビ・割れ
建てて数年すると、どうしても建物にヒビが入ります。割れ目から雨水が中に侵入し、基礎に使われる木材や鉄筋を腐らせて雨漏りなどを引き起こす可能性があります。

■コケ・モが生えてくる
白っぽい壁だとよく見えやすいのですが、壁に薄っすら緑色の雨跡のようなものがついてきます。これはコケやモです。壁自体の防水性が落ちてきているため、このように水辺で発生する植物が壁についてくるのです。

このように壁を見たり触ったりした時に確認できることがたくさんあります。
劣化を感じたらすぐに外壁塗装をしましょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827