外壁塗装の匠 TOP > なぜ外壁塗装を行うのか

なぜ外壁塗装を行うのか

外壁塗装はただ壁の色を変え見た目の雰囲気を変えるだけではありません。外壁塗装には住宅の保護という重要な役割があるのです。定期的な外壁塗装を行うことによって家の寿命を延ばすことにも繋がります。
まず、外壁塗装によって外壁の耐久性が上がります。家の外壁は水分や湿気に弱いという特徴があります。塗装によって雨漏りを防いだり、外壁を傷みから守ったりすることができます。断熱、遮熱効果も期待できます。この二つの効果を併用することによって冬は暖かく、夏場は冷房の効果を高め、直射日光による温度変化を緩やかにすることができ、室内で快適に過ごすことができます。さらに、セルフクリーニング効果というものもあります。これは光触媒塗料やセラミック樹脂を配合した塗料などを使用することにより外壁の汚れを雨などで自動的に流すことのできる効果です。
家の寿命を延ばしたり、家の中で快適に過ごしたりするためには、外壁塗装を定期的に行うことは必要不可欠です。外壁塗装のタイミングとしては前回の塗装から10年ほどと言われています。そろそろ塗り替えの時期だなと感じた方は是非当サイトをご利用ください。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827