外壁塗装の匠 TOP > クラックのメンテナンス

クラックのメンテナンス

秋が近づくに連れて徐々に乾燥してきています。

乾燥の季節になると、外壁の塗装にひび割れが生じる
可能性があるようです。

外壁塗装のひび割れをクラックと言います。
劣化してきた外壁は付着力がなくなり、乾燥した空気や
雨水によってクラックが起きやすくなるようです。

最初はうっすらと入ったクラックの線もそのままにしておくことによって
深く大きなクラックになってしまうので、早めに業者へ
相談されることをおすすめします。

夏の間に焼けて色が変わった壁を全部きれいにしたり
乾燥によって起きたクラック部分だけを塗装したりと
外壁の塗装メンテナンスを検討してみては如何でしょうか。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827