外壁塗装の匠 TOP > コーキングの必要性

コーキングの必要性

コーキングとは、樹脂を塗ることにより、サイディングの接続部分に雨などが入り込まないようにすることです。
コーキングが行われていなければ、せっかく塗装をしても、外壁を守ることができないどころか、
かえって内部に雨水が入り込んでしまう可能性がでてきますので、外壁塗装には必ず必要な工程のひとつといえます。
またコーキングには2種類あり、劣化したコーキングの上から更に新しいコーキングを追加する方法(打ち増し)と、
劣化したコーキングを除去してから新しいコーキングを行う方法(打ち直し)で、工法としては打ち直しの方が優れています。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827