外壁塗装の匠 TOP > サンプルと色のイメージが違う理由

サンプルと色のイメージが違う理由

外壁塗装ではどれだけ外壁を守ることができるのかといった塗料の性能も重要ではありますが、やはり見た目の色合いというのも大切かと思います。どういった色にするのかは外壁塗装をする前に、業者から色の見本を見せてもらうことができますので、それを見ながら色を決めていくのです。しかし、それでもイメージ通りにならなかったということもあるのではないでしょうか。ちょっと色の明るさが違うと思われるのでしたら、サンプル確認の際に失敗をした可能性があります。サンプルは手元で確認するために面積が小さくなっていて、外壁という広い面積に塗った時と比べて少し暗く見えてしまうのです。こうした錯覚のために思ったよりも明るい色になってしまったというミスは時折発生します。こういったことがないように、サンプルの色について業者によく尋ねておきましょう。自分がサンプル上で感じたイメージは、実際に外壁塗装をした後にも感じることができるのかが大切ですので、その点ははっきりとさせておいた方が良いです。もしサンプルを確認するのでしたら、晴れた日の外で見ると良いでしょう。外壁が受けている明るさと同じ明るさでサンプルを見て、外壁塗装をした後の色合いと同じになるかどうかを業者に確認するとイメージが違うと落ち込むこともないかと思います。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827