チョーキング現象|壁を触ったら白い粉が…原因や対処法について解説

チョーキング現象|壁を触ったら白い粉が…原因や対処法について解説

 

ご自宅の外壁を触ったときに手に粉がつくことはありませんか?壁面がそのような状態になってしまったら塗り替えを検討する必要があります。

 

しかし、「粉がついているくらいで塗り替えをしなければならないほどなの?」と思われるかたも多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、この記事では外壁の粉はなぜできるのか、放置したらどうなるのか、出なくするにはどうしたらよいのかの3点についてお伝えしていきます。

 

 

チョーキング現象って何?

建物の外壁を触って白っぽい粉が手につくことを経験されたことがあるかたも多いのではないでしょうか。これは、塗装剤が経年劣化することで、塗料に含まれる酸化チタンが粉状になって噴き出している状態なのです。このようにチョークのような白い粉が壁に付着している状態を、チョーキング現象といいます。

 

チョーキング現象が起こってしまう原因とは?

チョーキング現象が起こってしまう原因とは?

 

チョーキング現象はどのような状況で起きてしまうのでしょうか。チョーキング現象の原因をより詳しく確認してみましょう。

 

チョーキング現象の原因

先ほどもご説明したように、チョーキング現象とは塗装剤の劣化です。壁面に日光が当たることが原因で、塗料に含まれる樹脂が分解されることでチョーキング現象が起きてしまいます。チョーキングが発生すると外観が悪くなってしまうだけでなく、壁面の劣化を促してしまうので注意が必要です。

 

こんな状況はチョーキング現象が早まります

壁面に使われている塗料の寿命が短かったり、日光が当たりやすい環境だったりすると、樹脂が分解されやすくチョーキングが起きやすいです。また、近くに海があると塩害を受けやすく壁全体にチョーキングが起きてしまうことがあります。ほかにも、施工不良で塗装が不十分である場合にチョーキング現象が起きやすくなることが考えられます。

 

簡単にできる!チョーキング現象のセルフチェック

チョーキング現象は塗装の専門家でなくても簡単に見分けることができます。そこで、ここからは簡単にできるセルフチェックの方法をご紹介します。

 

【チェック1】外壁を触ったときに粉がつくか

まずは、自宅の外壁を見て触ってみましょう。その際、壁面が粉っぽいなと感じたらチョーキング現象を疑いましょう。

 

粉の色として白が多いです、自分では判別がつきづらい場合には専門プロに確認してもらった方が確実です。

 

【チェック2】水に濡らしたときに変色していないか

チョーキング現象が起きている壁面は耐水性も低くなっているもあるため、水に濡らすだけで色が変色してしまいます。雨が降った日に家の壁面を確認してみるとよいでしょう。また、チョーキング現象が進行している場合では雨漏りが起きていることもあり、これは特に注意が必要な状況といえます。

 

外壁の種類別チェック方法

ここでは壁の種類ごとにチョーキング現象の特徴を見ていきましょう。また、先ほども触れたように、チョーキング現象は白い粉だけでなく壁面の色がうつる場合もあるため、一様に白色をしているわけではありません。注意して確認してください。

 

〇モルタル壁

モルタル壁はチョーキング現象が起こると、白い粉が生じるほかに壁面の色があせてきます。壁の色が薄くなってきたと感じたら、触って粉が出てこないか確かめてみるとよいでしょう。

 

〇アルミサイディング壁

アルミサイディング壁は白に近いほど壁面のチョーキング現象が起きやすい特徴があります。また、粉はあまり多く出てきません。アルミサイディング壁だけでなくほかの壁でもいえることですが、色のあせ具合によって粉の量も変わるため、白い粉の噴出や色あせどちらか一方だけ強く出ることはあまりないでしょう。

 

〇窯業サイディング壁

窯業サイディング壁はモルタル壁と同じように、チョーキング現象で白い粉と壁面の色あせが見られます。窯業サイディング壁の大きな特徴に色あせが強く出る性質がありますから、壁面を触って色落ちするようなら塗り替えが必要な状態だといえます。

 

チョーキング現象はSOSのサイン!さらなる劣化を未然に防ごう

チョーキング現象はSOSのサイン!さらなる劣化を未然に防ごう

 

チョーキング現象は壁面の塗装が劣化することですから、壁面本体に劣化が起きているわけではありません。しかし壁面を守るコーティングがはがれている状態なため、壁が雨水を吸いやすくなったり、露出した壁面にひび割れが生じたりと壁面劣化の始まりであるといえます。急いで塗り直す必要はありませんが、さらなる劣化を防ぐために、早めに再塗装することが必要です。

 

チョーキング現象を放置するリスク

チョーキング現象を放置することで、壁面が水を吸うようになるためカビやコケが繁殖しやすくなります。また、カビが繁殖するということはダニも増えやすくなるため、ダニにも注意が必要です。

 

外壁は、水分を吸って乾燥して……を何度も行うので、膨張や収縮を繰り返すことから、外壁が浮く・反る・割れるなどの状態になってしまうおそれがあります。そのため、直接雨が当たる壁面は早めの塗り替えがおすすめです。

 

外壁が劣化していく過程

外壁の劣化はどのような段階を踏んで進行していくのでしょうか。ここで、劣化過程を確認してみましょう。

 

1.壁面のツヤが失われている

はじめに表面のツヤが失われていきます。

 

2.壁面の色あせ・白っぽい粉が出てくる

次にチョーキング現象が起きることで色あせが生じ、同時に白っぽい粉の噴出も見られるようになります。

 

3.塗装や壁面にひびが生じやすくなる

チョーキング現象、つまり塗装の劣化が始まるとひびが生じやすくなります。

 

4.壁面の塗装がはがれていってしまう

最後には壁面の塗装がはがれていってしまいます。

 

チョーキングをDIYで修復することは可能?

結論からいいますと、チョーキングを自分で修復することは可能です。しかし足場が必要であったり、ひびの修復を同時におこなわなければならなかったりなど、素人が手を出すには難しい作業が多いですから、プロに依頼するのが無難かもしれません。

 

それでは、チョーキング現象を起こしている壁の修復はどのように行うのか確認してみましょう。

 

補修作業の手順

チョーキングの補修は、壁面汚れの洗浄・ひびや劣化の補修・壁面の塗装という3つの工程に分けることができます。補修には、足場・乾燥・養生テープの下準備が必要になるので、それぞれ道具をそろえる必要があります。

 

では、チョーキング補修の工程を一連の流れで見ていきましょう。

 

1.足場の設置

はじめに足場の設置をする必要があります。建設現場でよく見かけるものですが、建築関係の仕事でもしていない限り、お持ちの方は少ないでしょう。

 

また足場の組上げには許可が必要であり、許可を取るには現場経験者が必要とされています。足場をレンタルすることも可能ですが、工事費込みの依頼に比べて割高になってしまうことがほとんどです。

 

2.外壁汚れを落とす

外壁の汚れは高圧洗浄機を使ってしっかり落としましょう。外壁の汚れが残ったままだと塗装がはがれてしまう原因になるため、念入りに作業することが大切です。

 

3.ひびを補修する

ひびはシーリング材を使って修復していきましょう。

 

4.晴れた日に1日かけて乾燥

前日が雨の場合は2日かけて乾燥するようにしましょう。

 

5.養生テープで塗装のハネ防止

面倒に感じてしまう作業ですが、塗装が飛び散ってしまわないよう、養生テープで養生用ポリシートをしっかり固定しておくことが大切です。

 

6.塗装の開始

塗装は下塗り・中塗り・上塗りの順に塗装をしていきます。上塗りの作業はムラにならないよう特に丁寧に行うことが大事です。

 

7.養生テープと足場を解体

養生テープをはがし、足場を解体します。危険な作業なので一人で行わないようにしましょう。

 

以上のような手順でチョーキング現象の起きた壁面を修復していきます。修復には、季節や天気によりますが、30坪前後でおおよそ1週間から10日程度の期間が必要になります。

 

DIYで修復するリスク

素人が自分で修復を行う場合、いくつかリスクも発生します。どのようなリスクが起きやすいのか確認してみましょう。

 

〇塗装不良が起きやすい

プロのかたは年に何十回も塗装をされていますから、素早く丁寧な作業をしてもらうことができるでしょう。

 

一方自分で塗装を行うと、壁面の劣化や汚れの上に塗装をしてしまったり、塗りムラができてしまったりなど、塗装不良が起きやすくなります。塗装不良は、DIYで修復する一番のリスクかもしれませんね。

 

〇時間がかかってしまう

一人で塗装を行うとプロの何倍もかかってしまいます。その作業を、仕事や家事をこなしながら行おうと考えた場合、その3倍4倍以上の期間が必要になることも考えられますね。

 

〇大けがになりやすい

塗装は高所での作業になりますから、常に危険がともないます。慣れていないと足場に立つことさえできない場合があります。ですから、ご自身での作業に少しでも不安があるなら、塗装のプロに任せるのがおすすめです。

 

まとめ

では、もう一度おさらいをしていきましょう。

 

チョーキング現象を簡単に言い換えると、「外壁塗装の劣化」のことです。チョーキング現象が進行してしまうと、外壁をコーティングしている塗装が機能を果たせなくなってしまうので、外壁の内部にまでダメージが浸透していくようになります。

 

チョーキング現象が起きているかを確かめるには、触ったときに粉がつくか、あるいは壁面に水をかけたときに変色具合を確かめるといった方法があります。チョーキング現象が起きている外壁をDIYで修復することは可能です。しかし、作業がとても大変な上、初心者の場合は塗装不良が起きやすいことを覚えておきましょう。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0120-401-273
3つの項目で カンタン見積り