外壁塗装の匠 TOP > チョーキング現象は発生していませんか?

チョーキング現象は発生していませんか?

外壁を触ったら、白い粉が手に付いてしまった経験はありませんでしょうか?
この白い粉が付いてしまう現象のことを、チョーキング現象と言うのです。
外壁塗装の交換する時期はいつ行えばいいのかがわかりにくいのですが、このチョーキング現象は触るだけで分かるのですから、この現象を外壁塗装の交換する目印にすると良いでしょう。
チョーキング現象を発見するのはスゴく簡単です。
壁のどこでもいいので、手で擦ってみましょう。
通常の外壁であれば、黒く埃っぽい色が付く程度なのですが、チョーキング現象が発生している場合は、白いチョークを触ったときのような汚れが手に付着するのです。
チョーク現象が発生している壁を放置しておくと、ヒビが入ってきたり、カビが生えるなどの多くのトラブルが起こってしまいます。
そうなると、外壁塗装の値段が上がるだけでなく、施工の期間も延びますし、場合によっては大きな工事が必要になってしまうのです。
チョーキング現象が発生する原因は、壁が劣化して発生すると言っても間違いではないでしょう。
何故なら、太陽の光や熱、雨、砂のせいで外壁が劣化し、チョーキング現象は発生するのです。
太陽の光や熱を遮断することは不可能なので、外壁は必ずこのような状態になってしまうのです。
チョーキング現象が一度でも発生してしまったら、悪化していく一方なのです。
築年数が数十年のお家に住んでいる方は定期的にチョーキング現象が発生していないかを調べ、異常が表れた時には速やかに外壁塗装を業者にお願いすることをおすすめします。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827