外壁塗装の匠 TOP > 土壁がなくなった理由

土壁がなくなった理由

日本の風土には土壁があっていると言われていました。
昔の日本は、広い土地を持っている人が多かったので、
外壁の土壁を雨から守るため、軒先が長く、大きな屋根の家を建てることができました。
人も増えた現在では、狭い土地に大きな家を建てることが主流となり、
土地の関係上、屋根を小さく設計しなければならなくなりました。
もし、小さな屋根で土壁の家と建築しますと、雨によって土壁が壊れてしまいます。
このようなこともあり、現在は土壁を使用した家の建築が少なくなりました。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827