外壁塗装の匠 TOP > 塗膜のクラックについて

塗膜のクラックについて

住宅は、外気温や湿度によって僅かに伸び縮みします。そのため、外壁に塗られている塗料も、その動きに
あわせて塗膜がの伸び縮みします。
塗料の種類によっては、その伸縮に耐え切れず、クラック(ひび割れ)が発生します。
クラックが発生すると、折角外壁を綺麗にコーティングして、太陽光や風雨によるダメージを防いでいたの
に、直接外壁にそれらが当たることにより、家の寿命が縮んでしまいます。
また、外観上も大変見栄えの悪いものです。
アクリル系塗料は比較的クラックの生じやすい塗料で、シリコン系は生じにくいという性質がありますが、
施工方法やその土地の状況によって、劣化の仕方は様々です。
外壁塗装にクラックが生じていたら、早目の対応をお勧め致します。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827