外壁塗装の匠 TOP > 壁を触ってわかる外壁塗装のタイミング

壁を触ってわかる外壁塗装のタイミング

皆さんのお家は、外壁塗装をされてからどのくらい経っていますか?もしかすると建ててから一度も外壁塗装はされたことがないという方もいるかもしれません。
そんな方は、ぜひ一度、お家の外壁を軽くなでてみて下さい。
もし、白い粉のようなものが手についたら、出来るだけ早めに外壁塗装をご依頼下さい。

白い粉が付くのは、ホコリなどではなく、外壁塗装が劣化したものです。この事をチョーキング現象といいますが、この状態だとすでに外壁塗装が本来担う、外壁の保護の能力が失われてしまっているとみても過言ではありません。
外壁塗装は、建物の外見を整えるだけのものではありません。外壁が雨風によって受けるダメージを軽減し、ひいては建物の寿命を伸ばすことも可能なものです。
だからこそ、定期的に外壁塗装を行なうことが必要とされています。
長いものでは30年と言われる外壁塗装の寿命ですが、一般的な塗料だと、10年前後で一度塗り直しが必要になることが多いようです。
もし、築10年を超えてまだ再塗装してことがないお家にお住まいであれば、一度外壁塗装についてご検討ください。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827