外壁塗装の匠 TOP > 外壁に手を触れてみましょう

外壁に手を触れてみましょう

普段は眺めるだけのお家の壁。たまには触れてみましょう。
なぜかというと、触れるだけで外壁塗装の必要性が分かることがあるからです。
壁に触れて少しなでてみて、その後手のひらを見たとき、真っ白に粉がついてしまっていたら要注意です。これはチョーキング現象と言って、外壁の塗膜が劣化している証拠なのです。ちなみに、チョーキング現象の名前の由来は、黒板に文字を書くときに使うチョークから来ています。手についた粉がまるでチョークの粉のように見えることから、その名がついています。
チョーキング現象を起こした壁というのは、すでに外壁の塗膜による内部の保護の能力は失われているといってもいい状態で、雨水の浸入などによる内壁部分、つまり室内への雨漏りなどの危険が極めて高い状態です。
また、チョーキング以外にも、ひび割れなども近寄ってみるとよく分かる場合があります。
遠目からだとわからない外壁の劣化については、時折外壁を触れてみるなどして調べておくと、後から大きな工事をするよりも工期も短く、費用を抑える形で外壁塗装の再施工ができるかもしれません。
自分で見てもわからない、自信がないという時は、プロの外壁塗装業者に任せてしまう伊野が安心です。前回の外壁塗装から年数が経っている場合、特にその必要性は高いものですので、まずは当サイトにご連絡ください。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827