外壁塗装の匠 TOP > 外壁の傷みチェック

外壁の傷みチェック

■カビ・コケ・藻
外壁塗膜の劣化によって壁の防水性が低下し、壁の含水率が高まることが原因です。

■モルタルの乾燥クラック
モルタルの成分から水分が蒸発していく乾燥過程のときに、モルタルそのものが収縮して起こるヒビ割れです。放置すると雨水の侵入につながります。

■塗膜のはがれ
塗膜の付着強度が低下したことによっておこる剥離・浮きといった現象です。ヒビ割れからの雨水侵入が原因となっている場合もあります。

■チョーキング
紫外線などの影響で、塗膜の劣化が進み、触ったときに手に白い粉がつく状態のことです。塗装の寿命のサインともいわれています。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827