外壁塗装の匠 TOP > 外壁の構造

外壁の構造

古くは、家の外壁というのは藁で編んだ芯材の周りに土を塗った土壁が主流で、通風性もよく、50年から100年以上も家が持つものでした。その後、土壁は様々な理由で廃れ、下見張り工法といって、板材を重ね合わせていくことで外壁を作っていく工法が作られました。これが現在のサイディング張りの構造の元になっています。
しかし、この下見張りは木材を多く使われており、災害時に燃えやすいということが昭和23年の福井地震で問題になり、その後、建築基準法の元になる法律で「家の外壁は燃えにくい構造にすること」といった内容が含まれることになりました。その後、モルタルが普及し、更にサイディングが普及することになりました。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827