外壁塗装の匠 TOP > 外壁の色と建物のイメージ

外壁の色と建物のイメージ

外壁の色を変えるだけで、建物のイメージがガラリと変わります。

■進出色と後退色
建物の奥行きを出したい時に有効です。しかし、実際の距離と見せかけの距離に差があるため、階段にこの色を使うことはあまりありません。

■明度
明るい色であれば軽やかな印象を与え、少し暗めの色を使えばずっしりとした安定感のある印象を与えます。

■膨張
高明度・暖色系の色は大きく存在感のあるもの、低明度・寒色系の色は小さく見えて存在感が弱まります。

■彩度
彩度の低い色ほど刺激が弱く、地味で、落ち着いて見えるため、外壁塗装に多く用いられます。

自分が見せたいイメージで色を選ぶことも楽しいかもしれません。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827