外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗り替えの手順

外壁塗り替えの手順

家の外壁は常に環境の影響を受けているので、太陽光や温度や空気によって経年劣化をしていきます。塗替えの時期は家の構造や立地などにもよりますが、大よそ10年と言われているようです。多少のひびやカビは気にしない方がいらしたら、もう少し長くなるかもしれません。
では実際に外壁の塗り替えをやることになったとして、その作業がどう行われるのかに興味はありませんか。
今回は塗り替え工事の手順について説明したいと思います。どういった作業が行われているのかを知っておきましょう。
まず下塗りと呼ばれる作業をします。これは上塗りの準備で、外壁の素材と上塗りの塗料をしっかり密着させるために塗るものです。
下塗りには3つのタイプがあり、まずは上塗りの塗料が密着するのを助ける役割を持つ塗料。次に凸凹した壁を平らにして、上塗りの塗料の密着を助けるための塗料。最後に2つの性質を合わせた塗料です。壁の素材や状態でタイプを選びます。
下塗りが終わると、中塗りと上塗りを行います。この2回は同じ塗料を使い、外壁の保護だけでなく色のむらをなくし、美しく完成させるための作業です。
こうした下塗りの塗料と上塗りの塗料の組み合わせによって防カビや低汚染性、耐候性といった性能が決定され、値段も変わってくるので意外と重要なことなのです。
外壁の塗替えを依頼する際は、塗り替え後の外壁の機能が2つの塗料によって決まっていることを覚えておいて下さい。2つの選択によって工事の質が変わります。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827