外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装による体への影響

外壁塗装による体への影響

最初は綺麗に塗装されていた自宅の外壁も、外部に晒されていることによって強い紫外線、雨や風の影響を受けて、年々色落ちや汚れがひどくなったりと劣化していってしまいます。また、自分好みの色に塗り替えて外観の雰囲気を変えたいと思っている方もいらっしゃると思います。それと同時に、外壁塗装に使われている塗料といえば、体への有害物質が使われていて独特な臭いがきつく、目や鼻、喉などの粘膜が刺激されて痛くなったり、頭痛や吐き気などの体調不良を訴える人が多いのではないか、外壁塗装の作業中だけでなく作業後も影響はなくならずご近所にも迷惑をかけてしまうのではないか、などと懸念されている方も多いことと思います。しかし、近年ではそういった体への影響、周辺住民への影響を配慮して塗料の原材料にはほとんど有害物質が含まれていないようです。有害物質の使用量、制限は法律で定められているので外壁塗装の業者もこれに基づいた塗料を使用し作業をします。また、外壁塗装ですと、屋内で塗料を使用するのに比べて臭いの刺激も少ないようです。ですが、皮膚や粘膜が弱い方、化学物質に対するアレルギーがある方などは、体への影響がでてしまうこともあります。そのような不安、心配を抱えていらっしゃる方は、知識や経験のある業者へと一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827