外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装のついでに雨樋のことも考える

外壁塗装のついでに雨樋のことも考える

外壁は気づいた段階で塗装しておかないと、雨漏りをはじめ様々な被害が起きてしまいます。被害を未然に防ぐ為にも、外壁塗装は早めに行うのが肝心です。
ただ、外壁塗装のついでに雨樋のことも考えておきましょう。雨樋とは雨水を排水する役割がありますが、劣化するとその機能が失ってしまう恐れがあります。雨樋が劣化すると、住宅全体まで劣化することに繋がるのです。これを防ぐ為に、雨樋を塗装しておく必要があります。
ですが、ご自分で雨樋を塗装するのは、なかなか容易ではありません。外壁と比べて塗装しにくいでしょうし、場所が場所だけに、バランスを崩してご自分が怪我をする危険性が出てきます。また、雨樋を塗装する際ネジにまで塗装をして、ネジが外せなくなってしまったという失敗も考えられます。他にも、ムラが出来て仕上がりが悪くなったというケースもあります。
これらのことを考えたら、業者に塗装をしてもらった方が良いでしょう。業者に依頼すれば、丁寧に塗装してくれると思いますし、少なくともご自身が危険な目に遭うのを防げます。
ちなみに、雨樋の寿命は約20年ほどと言われています。もし、20年近く経っているところがありましたら、一度雨樋の状態を気にしてみることがオススメです。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827