外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装のタイミング

外壁塗装のタイミング

外壁塗装は必要あるのでしょうか。パッと見た感じだと綺麗だしまだいける、なんて思っている方は気を付けたほうが良いかもしれません。外壁塗装には、雨などの水分をはじく効果があり、この効果が弱まっていたりなくなっていると、雨漏りや腐食の原因になります。では、どの程度時間が経っていたら外壁塗装をしたほうが良いのでしょうか。ある程度の目安が素材によって決まり、最短3年から最長10年ほどといわれていますが、直射日光や風が当たりやすいなどの状況に応じて変わってきます。ですから、あまり時間経過で判断されるのはお勧めできません。では、どのようにして塗り替えの時期を判断すればいいのかですが、ある程度近づいて見てみましょう。ひび割れが生じている場合、藻やカビが生えている場合、亀裂が発生している場合、さび付いている場合、塗装がはがれている場合、これらはすべて塗り替えのサインとなります。もっと早い段階で外壁塗装を考えている方は、劣化の進行具合から確認しましょう。劣化は順序だって起こり、艶や色合いが落ち、変色するところから始まり、最終的にはがれますが、手で触れることができる場所であるなら、別の方法で確認できます。触ってみた際に表面が粉っぽく、埃以外に手に白っぽい粉がついたら、チョーキング現象が発生しています。これはある程度劣化し、ひび割れなどが起こる前兆みたいなものですので、早めに外壁塗装を行ったほうが良いでしょう。大切な家を守るためにも、必要な時期になったら早めの外壁塗装をお勧めします。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827