外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性

外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか。見た目を綺麗に保つためとお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし本来の目的は住宅を保護するためなのです。もう少し詳しく見ていきましょう。
もし外壁の塗装をしなければ、様々な悪影響が発生します。まず外壁にひびが入り、その隙間から雨水が流れ込み、建物自体を腐らせてしまう可能性があります。建物を健康に保つために外壁の塗り替えは必要になってきます。
では塗り替えはいつごろ行えばよいのでしょうか。一般的には新築時から10から15年程度、その後は7から10年単位で行うと良いといわれています。
最後に外壁以外の塗り替え箇所について説明します。屋根は普段近くから見ることがあまりないため、傷みを発見しにくいです。しかし屋根材にひびが入ってしまうなど、傷みやすい個所なので定期的にメンテナンスが必要です。
基礎や外構にも塗り替えが必要です。目立ちにくいところかもしれませんが、地面からの雨水などの影響を受けやすいです。専用の塗料を使い塗装し、雨水を防ぐことが大切と言われています。また付帯部とよばれる雨戸などにも塗装は必要です。
建物の劣化を防ぎ、快適な生活を送るために外壁の塗装は忘れないように行いましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827