外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装の手順とは

外壁塗装の手順とは

普段何気なく暮らしている住宅ですが、建ててから何年経ったか覚えていますか?新築を建てて10程経つとホームメーカーから10年点検を勧められるケースがあります。住宅の外壁が傷んでくると雨漏りの原因になりますし、家を長持ちさせるなら定期的に外壁塗装をしてもらい、メンテナンスを行う事が望ましいと言えます。この外壁塗装は一体、どんな手順で行われているのでしょうか。
1つ目はまずは足場を作ります。外壁を塗装する為に高い所にも行くので、しっかりと足場を組み立てます。2つ目は高圧洗浄で汚れを取ります。塗装をする前にカビやホコリ等の汚れを落とします。3つ目は養生をします。養成とは、建物のドアやサッシや花壇等、塗装しない部分にまで塗料がかからない様に保護する作業です。4つ目は下地処理や下地調整を行います。これは建物の壁に傷やヒビ割れがある場合に補修する事です。5つ目は中塗り・上塗りをします。下地調整が終わったら実際に塗料を塗っていきます。厚みを持たせた下地を塗り、上塗りを補強する様中塗りと言う作業が入ります。厚みが出る事で色落ちしてまだら状になる事を防いでくれ、綺麗な状態を保ってくれます。
6つ目に建物周辺に設置した養成を外し、最終チェックをします。実際の仕上がりを確認していきますが、この際に気になる点があれば申し出ましょう。7つ目に足場を撤去して掃除をします。最終チェックが終われば足場を外し、作業で出たゴミや汚れ等を掃除します。これで全ての作業が終わり、依頼者の承認を得たら終了となり引き渡しになります。
外壁塗装は1度塗料を塗って終わりではなく、足場を組み立てる所から撤去するまで多くの工程がありますので、外壁塗装をされる場合は期間に余裕を持つ事が望ましいでしょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827