外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装の都市伝説

外壁塗装の都市伝説

「夏は薄塗り、冬は厚塗り」こんなことを聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。
意味としては、夏場は塗料がよく伸びるので薄く塗ることができ、塗料の量が少なく済むということのようです。
しかし実際は、日本製の品質のよい樹脂で作られた塗料を使用しておりますので、夏でも冬でも、一缶あたりで作業で
使用する塗料の量はほとんど変わりがないのが実情です。
日照時間の違いによる作業時間の違いから、施工日数が冬場に比べて短い夏場は、「塗料が少ないから作業が早い」
というような都市伝説のような話が生まれたのでしょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827