外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装をしていないと

外壁塗装をしていないと

新築時には、外壁塗装がされていますが住み続けていくうちに劣化していきます。ある程度劣化が進んだ段階で、外壁塗装を行うのですが、もし忘れていたり、あえて外壁塗装をしなかったときにはどのようなことが起きるのでしょうか。

まず、外壁塗装の役割は、紫外線などから家を守るバリアとなっていたり、壁から水が入っていかないように防水したりしています。塗料の劣化が進んでいくと、このような効果が徐々に失われてしまうのです。保護されなくなった壁材にはダメージが蓄積されるようになり、壁からの雨漏りやひび割れの原因になります。また、水が入り込むことで壁が膨張してしまうと、亀裂が入ることもあり、亀裂が大きくなると家の傾きの原因となることもあります。

外壁塗装は費用が高くてためらっている方がいるかもしれませんが、塗装の効果が切れた場合さらに大きな費用で家を修繕することにもなりかねませんので、塗料の状態が悪くなった時にはわすれず外壁塗装を行っておきましょう。
色の選び方や塗料の種類についてお悩みになることがあるのでしたら、外壁塗装のプロに相談してみるの悪くはないでしょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827