外壁塗装の匠 TOP > 天気が安定する今がチャンス

天気が安定する今がチャンス

外壁塗装のというのは、出来れば天気が安定している、しかも湿気のない時期に行なうほうが乾きも早いと言われています。しかし高温多湿な日本列島。中々そういう時期は少ないのも実情です。
そんな中、10月から11月に掛けては天候が良い季節でもあります。
外壁塗装は安全確保や品質の確保のために、激しい雨の時は塗装を進めないことが多いですし、雨が降ると塗膜の乾きに影響を受けるので、新規で塗り直さないこともあります。同じ天候の話なら、もう少し遅くなってから、もしくは年明けから新年度にかけても同じようなものですが、年末年始は外壁塗装業者の休業に当たったり、新年度前だと他にも駆け込み需要などで予約が取れないということもあります。なにより、新年を内外ともにきれいになった家で迎えようと考えたら、今のうちから計画しても遅くはないはずです。
外壁塗装を行なう際は、塗料の品質や種類により、施工期間も費用も大きく異なります。
また、サンプルで見たときの色と自分の家の外壁で塗ったときの色がイメージが大きく異なるということもありますので、じっくり検討していく時間も必要です。
ご家族でお話し合いの上、外壁塗装をこの10月、もしくは11月でご依頼頂くこともご検討ください。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827