外壁塗装の匠 TOP > 市販塗料と業務用の違い

市販塗料と業務用の違い

ホームセンターや通販などで購入できる市販の塗料は、素人でも
扱えるよう錆止めが配合されているため、下地処理を行う必要がなく、
手間はかかりませんが、耐久年数は業務用のものと比べて遥かに低い
ため、約3年程度しか綺麗な塗装状態を保つことができません。
それに対して業務用塗料は、豊富な知識や経験、技術がなければ取り
扱うことが難しく、下地処理や錆止めは別の工程で行う必要がある代わりに、
仕上がりの美しさと高い耐久力を兼ね備えているため、紫外線や酸性雨などの
被害からしっかりと建物を守ってくれます。
また、市販のものでも取り扱いを間違えれば塗料の持つ機能を正常に発揮する
ことができなくなるだけでなく、建物に対して悪影響を及ぼしてしまう可能性が
ありますので、外壁塗装は業者へ依頼されることをおすすめします。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827