新築でも現れるチョーキング現象 |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

新築でも現れるチョーキング現象

新築の外壁塗装は見た目が綺麗で長持ちしそうに思えますが、実はそれほど耐久力はありません。
新築塗装の場合、コスト面と工期短縮に重点をおいているため、アクリル樹脂の塗料が使われる
ことが多いのですが、この塗料は他のものに比べて耐久力が低いことが特徴です。
こうした塗装は普通に塗った時よりも早く劣化症状が現れるのですが、その劣化症状の目安として、
壁を手で触ると白い粉がつく「チョーキング現象」というものがありますので、試しにご確認されて
みてはいかがでしょうか。

新築の頃からなにもされていない、あるいは新築だからまだ大丈夫だと思われている方は、知らない
間に大切なお家がダメージを受けている可能性があるため、お早めに業者へご相談されることを
おすすめいたします。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0120-401-273
3つの項目で カンタン見積り