景観法での外壁の色について

外壁塗装は好きな色にしたい。派手な色合いを使いたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そうした外壁の色については景観を維持するための条例を出している自治体では難しい場合があります。建築協定や景観条例、または地域の住民の合意によって外壁塗装については可能な色が制限されることがあるのです。制限される場合は、個人の感情を理由にしては法律的な根拠になりませんので、平成16年に施行された景観法ではどういった色が良くないのかをマンセル表色系という分類によって決めています。この体系は色相、明度、彩度の3つの指標によって色の違いを分けており、どの色にするのかというのを景観計画に示すことで制限をしているのです。100通りの色、10区分の明度、8から14区分の彩度がありますので、この中から自治体によってどれくらいの制限をするのかを決めています。自治体によってどの色が使えるのかというのは違っておりますので、自分の好きな色を外壁塗装することができるのかどうかという点は外壁塗装をする前に調べておきましょう。違反する色で外壁塗装をしてしまった場合には法律上の問題になりますので、かなりややこしい状況になる可能性があります。そういったことを防ぐためにも外壁塗装でできる色についてはよく知っておきましょう。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0120-401-273
3つの項目で カンタン見積り