外壁塗装の匠 TOP > 有機溶剤の危険性

有機溶剤の危険性

以前の塗装は、強いシンナーを使い塗料を溶かしていましたが、人体に様々な害があると指摘されていました。

■刺激
溶剤の蒸気によって粘膜が刺激されることで、一時的に目・鼻・喉に痛みが生じる場合があり、人によっては皮膚のかぶれの症状が出る場合もあります。

■麻酔作用
蒸気が体内に入ることで中枢神経に作用し、胃痛・食欲減退・耳鳴りなどの症状が生じます。この症状が重度になると、めまい・卒倒を起こし、生命にかかわることもあります。

■特殊毒
蒸気の刺激や麻酔作用を強く受けると、心臓・肝臓・腎臓などにも障害が現れることがあります。

近年の塗装には、刺激の少ない石油系炭化水素で構成された弱溶剤が多く使われています。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827