外壁塗装の匠 TOP > 縁切り

縁切り

縁切りとは、スレード屋根の塗装後に行う工程で、縁切りを行うことで、
屋根材の間の水を外に排出し、屋根や住宅の傷みを防ぎます。
最近では縁切りの時にスペーサーを入れる工法がでてきていますが、
スレート屋根は経年変化で硬化しやすいため、塗装時に屋根材の上を
歩いたときにスペーサーが割れてしまう可能性があります。
スペーサーが割れてしまった場合には、屋根材全体の張替えが必要となってしまうので、
費用面で考えると縁切りにはスペーサーを使用しないことをお勧めします。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827