外壁塗装の匠 TOP > 10年経ったらご検討を

10年経ったらご検討を

私たちの住宅は、毎日直射日光や降雨、強風などに曝されています。もちろんそれらを前提に住宅と言うものは建てられていますが、それでも時間と共に劣化が進んでいく事は避けられません。それは外壁についても同様です。住宅にとっての外壁は、人間で言えば皮膚や衣服のようなもの。それが傷んでしまいますと、住宅の内部まで劣化が進んでいきます。そのまま放置すれば、住宅の耐久性が落ちるなど深刻な問題となってしまいます。
しかし、毎日外壁を確認するというのは手間が掛かるでしょう。そこで、目安となる期間があります。もしもその住宅を建てて10年経っていましたら、そろそろ外壁塗装の時期かも知れません。10年経っていなくても、その土地の環境によってはもっと早く外壁の劣化が進んでいる事もあります。おおよそ5年ほど経ちましたら、月に一度で構いませんので住宅全体を見ておくと劣化にいち早く気づく事ができるでしょう。
ただし、塗料の種類によって耐久年数は異なります。例えば、塗料の中でも安価なアクリル系塗料の耐久年数は4年ほどです。一方で、高価な光触媒塗料の耐久年数は約20年とも言われています。このように塗料によって費用も性能も大きく異なりますので、現在どのような塗料を使用しているのか、今後はどの塗料を選択するのか、よく調べておくと安心でしょう。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827