外壁塗装の匠 TOP > そろそろ外壁塗装の時期?セルフチェックで時期を確認

そろそろ外壁塗装の時期?セルフチェックで時期を確認

そろそろ外壁塗装の時期?セルフチェックで時期を確認

 

家を購入してしばらくすると大切な外壁のメンテナンス。水回りや屋根のメンテナンスと同じくらい、あるいはそれ以上に重要と言っても過言ではありません。今回は、外壁塗装をすべき時期や塗装に向いている季節と適切な時期を見極めるためのセルフチェックの方法をご紹介します。そもそもなぜ外壁塗装がそれほど重要なのか、そして塗装業者を選ぶ際に注目すべきポイントについても見ていきますので、外壁塗装をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

外壁塗装をしたほうがいい時期の目安

端的に結論をいってしまうと、外壁塗装は10年ごとにおこなうがベストです。室内の快適さを守ってくれている外壁は毎日酸性雨をあび、風とともにやってくる砂やほこりによってすこしずつですが劣化していきます。また、紫外線を浴び続けることも外壁にとっては大きな負担です。こういった原因から劣化してしまう外壁には、10年程度での定期的な塗り替えが必要なのです。

 

家を新築で購入し築年が10年に近づいているご家庭では、そろそろ外壁の塗り替えを検討するとよいでしょう。築10年を過ぎても外壁塗装をしていない家は強度が弱まり、家が傾く、壁が崩れるなどのトラブルに見舞われる可能性が高まります。できるだけ早く塗装工事を依頼し進めてもらうことをおすすめします。

 

外壁の塗装方法によってはより短い周期で塗装をすべき場合もあります。とくに「吹き付け」と呼ばれるざらざらした手触りが特徴の外壁は、塗り替え周期が6から10年と言われています。さらに、外壁の側面ごとに劣化状況が変わることもあります。雨や風の影響を受けやすさや湿度や風通しの違いは東西南北で異なるからです。部分差がある場合には、塗り替え時の景観などを考慮すると、劣化しやすい部分に時期を合わせる方がよいと考えられます。

 

なぜ定期的に外壁塗装をするの?

なぜ外壁塗装をするの?

 

10年ごとに外壁塗装をする主な目的は以下の3つです。

 

●家が長持ちする

外壁は家の中を守るために重要な役割を担っていますが、外壁がはがれてボロボロになっているとさまざまなトラブルが予想されます。たとえば、外壁塗装に備わっている防水効果が弱まったままだと、雨が室内に侵入しやすくなり、雨漏りなどが起こりやすくなります。しかし外壁を塗装してしっかりと補強しておけば、雨漏りをはじめとしたトラブルを防ぐことができます。

 

●景観がよくなる

定期的に壁を塗り替えることで、景観を維持することができます。塗装は雨水や風にさらされることでだんだんとはがれてきたり、日光を常にあびているために徐々に色あせたりすることもあります。カビやヒビが発生することもあり、そうなれば見た目の美しさを大幅に損なってしまいます。しかし、家のほとんどの部分を覆っている外壁を塗り替えれば、新築のような景観のよさを取り戻すことができるでしょう。

 

また、塗り替えの際には塗装の色を変えることができるケースが多いです。汚れにくい色に変えたり、明るい色の塗装にして雰囲気をガラッと変えてみたりと、さまざまな方法でご自宅の景観を向上させることができます。

 

●資産価値と家を経済的に維持する

定期的な塗装をすることで資産価値を維持することができます。見た目の面でも家自体の機能・安全面の面でも、塗装工事をしているのとしていないのでは大きな違いが発生します。そしてその違いは家の資産価値に大きく影響するでしょう。

 

今住んでいる家をのちに売る可能性があるならば、外壁塗装を定期的におこない家が劣化しないよう対策することをおすすめします。家を低コストで維持するという面でも定期的な長期的に見ると家の維持費用を安く抑えることもできます。修理や補強というのは、状態がひどければひどいほど大掛かりになり、多額の費用がかかってしまいがちです。

 

セルフチェックで時期を確認

新築ではない家を購入して住んでいる方や長い間住んでいて築何年なのか分からないという方は、理想の塗装時期が10年と言われてもいつおこなえばよいのか分からないこともあると思います。また、新築からまだ10年経過していなくても、気候や土地柄の影響で外壁塗装が必要なこともあるかもしれません。外壁塗装が必要かどうかを見極めるためには、セルフチェックしてみましょう。セルフチェックで注目すべきポイントは以下の7つの点です。

 

・壁にツヤがなくなってきている
・塗装に汚れや色あせが見られる
・カビやコケが生えてきている
・サビが発生している
・ひび割れが見られる
・塗装やシーリングがはがれている
・塗装に膨れが発生している
・外壁を触ると手に粉がつく

 

この中の症状がひとつでも見られるならば、外壁が劣化してきている証拠です。つまり、外壁の本来の機能を果たせていないのです。これらのサインを見逃さないようにして、症状が悪化し家全体に被害が及んでしまうまえにすぐに外壁塗装をするようにしましょう。

 

外壁塗装に適した季節があります

外壁塗装に適した季節があります

 

季節を考慮して塗装工事を依頼することは案外大切です。一般的に外壁塗装に最適とされている季節は、春や秋です。雨が少なく、塗料が乾きやすい天気と気温がつづくためです。

 

逆に、梅雨や雨が降りやすい夏の時期に塗装を依頼するときは注意が必要です。外壁塗装する塗料は乾くのに時間を要します。乾ききっていないのに雨にさらされてしまうと塗膜が張られず、塗料がしっかりと壁に固まらないまま雨とともに流れてしまうことがあるのです。

 

しかし、雨期だから絶対に塗装してはいけないというわけではありません。とくに夏は暑いので塗料が乾きやすいこともあり、雨が降らなければ問題なく塗装することができます。かなり劣化していてすぐに塗装が必要な場合などは、雨が降らない秋まで待とうとするのではなく、天気を見計らってできるだけ早く塗装するようにしましょう。塗り替えに適した春・秋には業者に依頼が殺到している可能性がありますので、思い立ったらすぐに空いている業者を探し依頼するなど、早めの対応が必要になるかもしれません。

 

塗装業者選びのポイント

塗装業者選びの際には、塗り替えに適した時期・季節や地域の特性をしっかりと把握しているかがポイントです。塗り替えるべき時期は建物によってそれぞれですので、必要な時期を見極めてくれるか、そして無理に塗装を進めるようなことがないか、などを気にしてみるとよいでしょう。

 

気候や環境は地域によって異なります。地域の特性を知っていて、地域に適した塗装をしてくれるような、地域に根差した業者やそういった業者を見つけてくれる会社に依頼をすることをおすすめします。また、失敗やトラブルを防ぐためには、ご自身の家の外壁と同じような塗装に慣れた業者であるかという点も重要です。口コミや業者のホームページなどを参考にして、よい業者選びをしてみましょう。

 

まとめ

今回は外壁塗装の必要性から、適した時期や季節、セルフチェックするポイント、そして業者の選び方をご紹介しました。外壁塗装を怠ると、外壁にヒビやカビが発生したり、防水効果が弱まったりして雨漏りなどのトラブルを起こしやすくします。外観や資産価値の低下にもつながってしまいます。このようなことを防ぐためには、適切な時期・季節に、よい業者に依頼して塗り替えをすることが大切なのです。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827