外壁塗装の匠 TOP > シリコン塗料ってどんなもの?シリコン塗料の利点・欠点や選び方

シリコン塗料ってどんなもの?シリコン塗料の利点・欠点や選び方

シリコン塗料ってどんなもの?シリコン塗料の利点・欠点や選び方

 

自宅の壁の色を変えたいという方や色が落ちてきてしまい気になるから…と外壁の塗り替えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

 

自分で作業したくても、知識がないと材料も手順もわからず困難です。特に迷うのが塗料にどの種類のものを使うかです。様々な種類や特徴の塗料があるのでどれを選ぶべきか…困ってしまいます。最近では、「シリコン塗料」が人気で多くの支持を集めています。なぜ他に塗料の種類があるのにも関わらず、シリコン塗料が人気なのでしょうか。

 

当コラムでは、多くの支持を受けているシリコン塗料の種類やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

 

 

シリコン塗料とはどんなもの?

最近人気のある「シリコン塗料」ですが、実際どういったものなのでしょうか。また、なぜ人気があるのでしょうか。

 

シリコン塗料とは

ざっくりと説明すると、文字の通りシリコンが含まれている塗料です。シリコン塗料には「水性」と「油性」があります。塗料を塗る際、溶かす作業が必要です。溶かす際に水を使う場合は水性、シンナーなどで溶かす場合は油性になります。

 

シリコン塗料と比較されやすい外壁塗料

シリコン塗料と比較されやすい外壁塗料として「ラジカル塗料」があります。ラジカル塗料もとても人気のある商品で、シリコン塗料とラジカル塗料の2つで迷う方も多いかもしれません。

 

価格はシリコン塗料とさほど変わらず、性質はフッソに近いとそれぞれのいいところを兼ね揃えた商品です。そのため、ここ数年でラジカル塗料はシリコン塗料より支持を受けていくかもしれないと期待されています。
しかし、大きな建物などに使われることが多く、一般住宅にはオーバークオリティになってしまうため選ばない方もいるようです。

 

シリコン塗料のメリットとデメリット

シリコン塗料のメリットとデメリット

 

なぜシリコン塗料は多くの支持を得ているのでしょうか。シリコン塗料のメリットとデメリットをご紹介します。

 

【メリット】

  • ・費用が安い
  • ・耐久年数が長い
  • ・高耐熱性が優れている
  • ・汚れが付着しにくい
  • ・光沢がありツヤがでる
  •  

    【デメリット】

  • ・塗装が密着しにくく、くっつきにくい・浮きやすい
  • ・ひび割れしやすい
  • ・木材に塗ることができない
  •  

    メリットとしては、塗り終えたのちに嬉しいものが多くみられます。デメリットを見ると、作業する際に困難かもしれないと考えられます。上記を見るとわかるようにシリコン塗料は、デメリットよりもメリットの方が多いのです。デメリットよりメリットの方が多いことや、コストパフォーマンスが高いことが人気の理由の一つだと考えられます。

     

    シリコン塗料は「水性」?「油性」? それぞれの特徴

    シリコン塗料は水性と油性があります。塗料を溶かす際に水を使う場合は水性、シンナーなどで溶かす場合は油性になるのです。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

     

    安価、自分で施工したいなら  水性塗料

    水性は油性よりも費用が安くすむため、できるだけ費用を抑えたいという方は水性を選ぶといいかもしれません。油性は塗料の取り扱いの注意が必要ですが、水性は油性ほど危険性は高くないといわれています。また、油性はきつい臭いがしますが水性はほとんどありません。このようなことからご自身で作業する場合は水性のほうが作業しやすいといえます。

     

    雨風に強く、高耐久がよいなら 油性塗料

    油性は雨水にも強く耐久性に優れています。塗装後を長くいい状態を保ちたい方や質のこだわりたいという方は油性を選ぶといいかもしれません。しかし、ご自身で作業する際は取り扱いに気をつける必要があり、臭いもきついので作業しにくい可能性があります。耐久性などを考えると油性がいいですが、自分で作業はできないと不安な方は、業者に依頼することをお勧めします。

     

    シリコン塗料を選ぶ・塗るときのポイント

    シリコン塗料を選ぶ・塗るときのポイント

     

    シリコン塗料の選び方・塗るときのポイントをご紹介します。

     

    「シリコン含有率」がいちばん大事!

    シリコン塗料は、塗料の中に少しでもシリコンが含まれていたら「シリコン塗料」と表記されます。しかし商品によってシリコンの量が違うのです。

     

    シリコン含有率によって値段も異なることが多いため、値段によって見極めることができるかもしれません。しかし、シリコンの量は表記されていないので大手の業者のメーカーのものを使うことが安心です。シリコンの含まれる量が多い方がシリコン塗料のメリットや効果を発揮してくれます。

     

    費用を抑えたいのであれば、塗料を使い分ける

    シリコン含有率が多い方がもちろん優れています。しかし、費用が高くついてしまうため諦めてしまう方もいるかもしれません。どうしてもシリコン含有率が多いものを使いたいが費用を抑えたいという方は場所によって塗料を変えることがお勧めです。

     

    例えば、雨などで耐久性が落ちやすい屋根部分はシリコンが多く含まれている塗料を使い、外壁にはシリコンの含有率が低めのものを使うなどと使い分けるといいでしょう。耐久性を重視したい場所にはシリコンが多く含まれているものを使うこともできますし、費用を全体に塗るよりは抑えることができます。

     

    まとめ

    最近人気のシリコン塗料についてご紹介させていただきました。シリコン塗料は比較的安く購入することができ、メリットも多いので多くの支持を受けているのではないでしょうか。

     

    水性のシリコン塗料は、ご自身でも作業しやすいですが、油性のシリコン塗料の場合は取り扱いに気をつけなくてはなりません。また、自身で作業するにはリスクもあるようです。自分で作業する際は注意して行いましょう。不安な方は業者に依頼する方が安心で安全かもしれません。

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    Loading...

    お客様の声

    詳細はこちら

    外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827