外壁塗装の匠 TOP > 外壁の張り替えサイン!?塗装時期を見逃す前に!

外壁の張り替えサイン!?塗装時期を見逃す前に!

「外壁塗装っていつしたらいいのだろうか…」こうお悩みの方にとって有益な情報をまとめます。

 

外壁塗装をする時期は、耐用年数ではなく、外壁に現れる症状が教えてくれます。外壁塗装が必要な症状があった場合は、行う季節にも注目してみましょう。

 

外壁塗装はいつ行うのか、季節はいつがいいのか…。この問題にお答えします!

 

自宅をチェック!外壁塗装が必要な時期を迎えていませんか?

 

外壁塗装の“耐用年数”ってあてになる?

外壁塗装をする時期はいつがいいのか…。これを考えるときには、必ずといっていいほど、“耐用年数”という言葉を耳にしますが、じつはとても曖昧なものなんです。

 

耐用年数とは、利用期間の目安となる年数のことです。外壁塗装の場合、塗料と建物を分けて考えますが、利用している塗料の種類や外壁に使われている素材によって、利用できる期間は大きく変わってしまいます。

また、利用環境などによっても耐用年数が変わってしまうのです。

 

では、外壁塗装はいつやるべきなのか?という疑問が浮かんできますよね。

 

安心してください、外壁塗装をやるタイミングはちゃんとあるんです。

塗装や壁が傷んでくると、さまざまな症状が現れます。これから紹介するような症状はないか、自宅の壁をチェックしてみましょう。

 

 

こんな症状はありませんか?外壁塗装のタイミング

 

・艶がなくなった

家の外壁を見たときに、艶がなくなっているということは外壁塗装の機能がなくなりつつあるサインです。家を建ててから10年ほど経つと、艶がなくなってきます。しかし、まだ劣化の初期段階といえます。

 

・塗装の色が悪い

以前と比べて、色に違和感が出てきたのは劣化のはじまりという印です。家を建ててから10年ほどで、塗装の色が悪くなることが多いです。色あせている部分や、変色しているという場合は、見た目のためにも外壁塗装を検討したほうがいいでしょう。

 

・粉をふいたようになっている

外壁塗装の劣化がやや進んだ状況です。紫外線や雨風の影響で、このような症状が現れます。耐久性が失われているサインなので、早めに対処しましょう。そのまま放置すると、ひび割れなどさらなる被害につながります。

 

・ひび割がはいっている

外壁にひびがはいっているときは、要注意。外壁塗装を急いだほうがいい時期といえます。放置すると雨漏りなどの被害につながることも少なくありません。

 

・コケやカビができている

外壁塗装の劣化というわけではありませんが、コケやカビが原因となって、劣化を早めてしまうことがあります。清掃で対応できる場合もあるので、相談してみるといいでしょう。

 

外壁塗装の時期はいつ?適しているのは…

外壁塗装のベストシーズンは秋。秋の気候は外壁塗装に向いています。涼しくなってくる時期なので、窓を閉め切っていても室内で過ごしていて不快に感じることも少ないです。

 

また、夏に比べて乾燥している秋は、塗料が乾きやすいので、業者にとっても良い時期といえます。

秋は人気のシーズンになるため、依頼は早めに検討しておきましょう。事前に予約しておけば、業者が捕まらず苦労することもありません。

 

ほかの時期に外壁塗装を依頼することもできます

ベストシーズンは秋ですが、これ以外の季節に外壁塗装をすることも可能です。その場合、どんなメリットやデメリットがあるのかをご紹介します。

 

・春の外壁塗装

秋と同じく空気が乾燥しているので、作業がしやすい時期になります。雨も少ないため、外壁塗装に向いています。ただし、梅雨前の時期にあたるため依頼が集中することもあります。

 

・夏の外壁塗装

塗料の乾燥は早くなりますが、暑さが業者にも依頼主にもダメージを与えます。作業中は窓を閉め切らなくてはいけないので、不便に感じる方もいます。

 

・冬の外壁塗装

塗料が乾きにくいので、施工期間が延びる可能性があります。また、地域によっては気温が低すぎて施工できない場合があります。

 

・雨季は避けたほうが無難

外壁塗装に不向きなのが、雨季です。湿度が高すぎると塗料が乾かないので、施工期間が延びるなどの問題が出てきやすいためです。

 

やむを得ず、この時期に施工しなくてはいけない場合は、よく業者と相談しましょう。地域の気候を熟知している業者に判断をまかせたほうが安心かもしれません。

 

外壁塗装しなくちゃ…!お得に依頼する方法もチェック

外壁塗装を行うタイミングとして、さまざまな症状が出ることを上でご紹介してきました。

思い当たる症状はありましたか?

 

当てはまる項目があった、心配な点がある…というときは業者に依頼しましょう。外壁塗装は、家の劣化や雨漏りを防ぐことができます。そのため、安心して暮らすためには外壁塗装を行うことが重要となるのです。

 

とは言え、気になるのが料金。少しでも費用をおさえたいのが本音という方は多いでしょう。

そこで、外壁塗装をお得に依頼する方法をご紹介します。

 

 

外壁塗装をお得にする方法

方法は以下の4つです。ひとつずつ確認してみましょう。

 

1 早めに依頼する

劣化の症状が出ているのにも関わらず、見てみぬふりをしていると状況はどんどん悪化していきます。悪化すればするほど、施工にかかる料金も上がってしまいます。そのため、早めに依頼することで費用をおさえましょう。

 

2 足場が必要な作業をまとめて依頼する

例えば、外壁塗装とともに屋根塗装も一緒に行うという手もあります。じつは足場をつくる費用は思っているより膨大です。屋根と外壁を別々に依頼すると、足場にかける費用が二倍必要になってしまいます。そのため、これを機にまとめて依頼するのもポイントです。

 

3 保険を利用する

外壁塗装をするときは保険が適応になる可能性があります。加入している保険を一度確認してみるのもいいでしょう。原因や状況によっては適応され、費用をおさえることができます。

 

4 相見積もりをする

外壁塗装を依頼するときは、必ず相見積もりをしましょう。相見積もりとは、同じ条件で複数社に見積もりを依頼して、比較することです。複数社を比較・検討すれば、一番お得な選択ができるはずです。

 

 

業者選びに迷ったら?

自分で業者を探す場合には、ホームページなどで業者を探し、相見積もりを依頼して1社に決定するという手順を踏むことが一般的です。

そのためには複数の業者とコンタクトをとらなくてはいけません。手間も時間もかかることでしょう。

 

また、自分で業者を探していると

「本当にこの業者でいいのだろうか」

「何を基準に選んだらいいのかわからなくなってきた」

など、不安な気持ちになる方も少なくありません。

 

そこで便利なのが、外壁塗装の匠

外壁塗装比較の専門スタッフが、あなたに最適な1社をご提案いたします。

 

「安心して外壁塗装をまかせたい」

「自分で業者を探すのは不安」

「はじめて依頼するから心配…」

 

外壁塗装の匠は、このような方にピッタリです。専門のスタッフが業者選びをサポートいたします。

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827