外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装の色選び!家の印象をガラッと変える選び方のコツとは?

外壁塗装の色選び!家の印象をガラッと変える選び方のコツとは?

外壁塗装の色選び!家の印象をガラッと変える選び方のコツとは?

 

家の外観を決める外壁の色。グレーや茶色などの人気の色から、赤やパープルなどの個性的な色のものまで、さまざまな色が家の外壁には使われています。

 

しかし、その色の種類の多さから、外壁塗装の色を決めるのに苦労していませんか?たくさんありすぎる選択肢は、ときに決め手に欠けなかなか決まらないことも多いものです。

 

そこで今回は、家の印象をガラッと変える外壁塗装の色についてお伝えします。外壁塗装で選べる色から決めるときの注意点。また、色選びに失敗しないためのポイントまで解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

外壁塗装の色。いったいどんな種類があるの?

家の外壁は住宅の印象を決めるなかでも、とりわけ重要な点です。そのため、外壁塗装の色を検討する際は、どの色にしようかすぐに決められないかたは多いでしょう。ここでは、まず初めに家の外壁に使われる色と、その色が与えるイメージを紹介していきます。

 

家の外壁に使われる色のなかでも一般的なものはベージュ、ホワイト、グレー、ブラウン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル…。挙げればキリがないほどの種類があります。

 

ベージュ
ベージュの色は家の印象に落ち着いた、優しい雰囲気を与えます。家の外壁に使う色のなかでは人気も高い色です。

 

ホワイト
シンプルな色味のホワイトは主張が少なく、周りの家に溶け込みます。シンプルな見た目が好みの人にはオススメです。一方で、汚れが付いたときは少し汚れが目立ちやすいです。

 

グレー
落ち着いた印象のあるグレーも、外壁塗装に使う色として人気があります。大人っぽい落ち着いたイメージを好むかたに。

 

ブラウン
シックで落ち着いた印象のブラウン。色のトーンでイメージが変えられるのもよい点です。

 

イエロー
イエローは色味が明るく、家の印象を明るいものにしたいときに。トーンによってはポップな印象を演出できます。

 

オレンジ
オレンジの与える色の印象は暖かさ。家に着いた瞬間に、ホッとできるような色です。

 

ピンク
ピンクは家の外壁塗装に使えば、とても可愛らしい印象に。数は少ないですが、とくに女性に好まれる色です。

 

パープル
パープルを外壁の色に選ぶかたは少なく、個性を演出することが可能です。見た目に華やかな印象があります。

 

レッド
見た目のインパクトはナンバーワンの色。周りよりも一際目を引く印象に。選ぶ際は周りの家とのバランスも考慮する必要があるでしょう。

 

グリーンやブルー
グリーンやブルーはナチュラルな自然の色。色のトーンで癒しの効果があったり、明るくしたりすれば、また違った印象に変えることも可能です。

 

これらの色は、外壁塗装の色のなかでもポピュラーなもの。単色で使うほか、いくつかの色を組み合わせたツートーンカラー、バイカラーといった使いかたもできます。色の組み合わせを変えれば、選べるバリエーションは無限ともいえるかもしれません。

 

また、外壁塗装のなかには柄の入った高級感があるものも。柄入りのものを外壁に用いれば家の印象をよりリッチな、高級感漂うものにすることできます。

 

外壁塗装の色を決めるために必ずするべきこと

外壁塗装の色を決めるために必ずするべきこと

外壁塗装の色はたくさんの数があり、すぐに決めることは難しいでしょう。むしろ直感だけですぐに決めてしまうのは危険かもしれません。家の外壁の色は、家の印象を左右するとても大切な部分です。じっくりと考えながら決めていきましょう。

 

そのためにおこないたいことを、下記にまとめます。

 

色見本を活用する

色見本とは色のサンプルのこと。外壁塗装のカタログによく載っているものです。色見本を参考にすることはとても重要。しかし、ただ見るだけで決めるのは避けたほうがよいかもしれません。

 

外壁は外に露出しているもの。そのため、太陽に当たったときの色の変化も確認しておくべきです。そのために、色見本は太陽光に当てながら確認するほうがよいでしょう。また、家の外壁に色見本を当ててみて、施工後のイメージをしてみるのもよい方法です。

 

近隣住宅とのバランスを考慮する

現代の住宅で、周りに家がまったくないという状況はなかなかないでしょう。そのため、家の外観は周りの家とのバランスや、調和を意識するのも大切です。試しに写真を撮ってみて、色見本と比較してみるのがよいでしょう。

 

景観ガイドラインに注目する

景観ガイドラインとは、町の景観を守るために規定された外観のルールのこと。家の外壁塗装の色を決まる前に、景観ガイドラインは確認することが求められます。なぜなら景観ガイドラインで禁止されている色は、家の外壁の色として使えないからです。

 

たとえば、ある地域では自然に調和した色味(グリーンやブルーなど)のみ、外壁の色として認めています。また、昔の街並みが色濃く残る地域ではコンビニなどの外壁の色も、通常のものとは大きくかけ離れた色を採用していることもあります。

 

家の外壁塗装の色を決める前には、このような点に注意して選びましょう。

 

外壁塗装の色選びで失敗しないためのポイント

外壁塗装の色選びは場合によっては、イメージしたものと違うものになることも。それは本格的な作業に入る前の、確認作業が甘かったからかもしれません。ここでは、家の外壁塗装の色選びで失敗しないためのポイントを解説します。

 

面積効果を考慮する

大きな面積と小さな面積では色の与える印象が異なります。たとえば、大きな面積の色は小さな面積のものに比べてより鮮やかな印象になります。そのため、外壁の色を決める際は色見本だけで判断せず、同じような色の家を見つけて印象の違いを確認しましょう。

 

ツヤの加減を考慮する

外壁塗装に使う塗料には、あらかじめツヤの成分が含まれています。そのため、作業当日になって塗料の種類を変えることは難しいです。ツヤが与える色への印象は大きいもの。色だけでなく、ツヤの加減にも注意して色を選ぶことをおすすめします。

 

サッシやドア、屋根との相性を考慮する

家を構成する部分は外壁だけではありません。家の外側にはサッシや屋根なども付いていますよね?そのため、外壁の色を決めるときにはこれらの建具との相性も考慮するとよいでしょう。

 

試し塗りを依頼する

「外壁の色を決めたけど、いきなり全部塗るのはどうも不安…」。そんなかたは、いちど施工業者に試し塗りを依頼してみるのがよいでしょう。試し塗りは外壁の一部を塗り替えて実際の変化を確かめるもの。困ったときはいちど相談してみましょう。

 

外壁塗装の色はさまざまな角度から選ぼう!

外壁塗装の色はさまざまな角度から選ぼう!

 

外壁塗装の色には、色の与えるイメージ以外にもさまざまな選びかたのポイントがあります。

 

汚れが目立ちやすい・変色しやすい色は避ける

色を決めた後、そのまま色が変わらなく続くものだと考えていませんか?家の外壁は風や太陽にさらされ、汚れたり、変色を起こしたりしやすいものです。白や黒は汚れが目立つ、赤や紫などの明るい色味は変色が目立ちやすいといえます。

 

虫よけ対策に効果的な色にする

家の外壁の色によっては、虫よけの効果があるのはご存知でしたか?外壁のなかでもとりわけグレーや茶色、赤やピンクは虫よけの効果が強いといわれます。虫が苦手な人は、決め手のひとつにもなるかもしれませんね。

 

風水を参考にしてみる

家のなかでも、風水を実行して運気を高めているかたも多いでしょう。意外と知られていませんが、家の外壁の色はとくに風水への影響が大きいのです。そのため、外壁の色を風水に沿って決めているかたもいるようです。

 

たとえば緑は仕事運や健康運、資産価値が上がる効果がアリ、白は家庭や仕事の充実につながります。それぞれの色に特徴があるので、気になるかたは調べてみるのもよいでしょう。

 

まとめ

家の外壁塗装の色は、家の印象を大きく左右するとても重要なポイントです。外壁塗装で選べる色はとにかく数が豊富。すぐに決めることは難しいですし、むしろすぐに決めないほうがよいかもしれません。

 

その理由は、家の外壁の色は周りとの調和や、色見本だけでなく、実際に塗ったときの色味の変化にも注意する必要があるからです。

 

自分で決めかねる、プロの意見が聞きたい、というかたはいちど専門業者に相談をしてみるのがよいでしょう。たくさんの施工実績のある塗装のプロなら、きっとあなたの要望に沿う、素敵な提案をしてくれます。

 

ぜひ好みの色を見つけて、家の外観を新しい色に染めてみてください。同じ家でも印象はガラッと変わるはず。そこで過ごす時間はきっと素晴らしいものになりますよ。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

お客様の声

詳細はこちら

外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827