外壁塗装の匠 TOP > 外壁塗装の相場を知って不安解消!後悔しない施工方法

外壁塗装の相場を知って不安解消!後悔しない施工方法

外壁塗装の相場を知って不安解消!後悔しない施工方法

 

「家の外壁塗装、そろそろ考えてみるか……」そんなとき、まず心配になるのは外壁塗装にかかる費用ではないでしょうか?かかる費用の相場がわからないと、実際の行動にもなかなか移しづらいものですよね。

今回の記事では、外壁塗装にかかる費用の相場をご紹介します。加えて、塗装を依頼する業者の選びかたや塗装に関する雑学まで、徹底的に網羅しました。思わず「へぇー」といってしまうような情報が満載です。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

外壁塗装の相場を知って、より良い施工を!

外壁塗装にかかる費用は業者によってまちまちです。そのため、うっかりしてしまうと、費用の相場よりも高額な業者に依頼をすることになってしまいます。大切な家のためとはいえ、ムダな出費は極力したくないところでしょう。

 

知っておきたい費用の相場

一般的な一戸建ての建坪は、約30坪といわれます。30坪の家の外壁塗装をした場合の費用相場は、約60万円とされています。20坪では約50万円、50坪では約100万円が費用相場です。坪数が増えれば費用も増える。わかりやすい構造です。

 

外壁塗装の内訳はどうなってる?

外壁塗装にかかる費用は、主に下記のような内訳になっています。

  • 材料費

  • 外壁塗装に使われる塗料や養生用のシート、ネットなど、作業全般に使う材料費です。全体のうち約3割を占めます。

  • 足場の費用

  • 作業の安全性や仕上がりを美しくするために、足場の使用は必須です。全体のうちの費用割合は約2割です。

  • 人件費

  • 外壁塗装をおこなう職人さんや、関わる人すべての人件費。全体のうち約3割の費用割合です。

  • その他の費用

  • 現場までの交通費や、作業の許可取得のための費用などなどの雑費です。費用のうち約2割といわれます。

     

    材料費は安ければよいわけではない

    このうち、外壁塗装の費用を抑えるために「塗料を安いものに変えて、塗装をしてもらえば安くすむのでは?」と考えるかたもいるのではないでしょうか?しかし、外壁塗装に関していえば、安い塗料はそれなりの理由があるのです。

    外壁塗装に使う塗料に安いものを使うと、塗料の耐用年数が短くなります。つまり安い塗料を使って外壁を塗ると、高い塗料を使っておこなった作業に比べて、より短い期間で再工事が必要になるということです。塗料の値段は品質と比例します。

    とはいえ、「高価な塗料を使えば、高品質で長持ちする外壁塗装」というわけでもありません。作業をおこなう職人さんの塗装技術も重要です。高品質の塗料と、レベルの高い職人さんの丁寧な作業が相乗効果を発揮することで、外壁塗装は完成します。

     

     

    外壁塗装の費用を少しでも抑えるコツ

    外壁塗装の費用を少しでも抑えるコツ

     

    外壁塗装にかかる費用は数十万円単位です。決して安い金額ではありませんよね。本音をいえば、少しでも費用を安く抑えたいところでしょう。そんなときはここで紹介する方法を活用してみてください。ここでは、外壁塗装を安くするためのコツを紹介します。

     

    キャンペーン期間を狙う

    外壁塗装に限らず、工事関係の業者はときに安く作業をするキャンペーンを展開しています。こうしたタイミングを狙うことで、外壁塗装にかかる費用を少しでも節約することができるでしょう。

     

    火災保険を適用してみる

    火災保険の種類によっては、外壁塗装が保険の適用内になることもあります。適用の有無は、加入している火災保険によります。適用できないケースもありますが、念のために確認しておいても損はないでしょう。

     

    ほかの部分の塗装も同時に依頼する

    家の外壁以外にも、屋根などの塗装を依頼することで、相対的に費用を安く抑えることも可能です。費用が安くなるからくりは足場です。家の外壁塗装に使う足場と、屋根の塗装に使う足場はほぼ同じです。設置の手間賃が減るため、合計で見ると費用が安くなります。

     

    相見積りをする

    相見積りは複数の業者に見積りを依頼して、費用や作業内容を比較、検討する方法です。相見積りをおこなえば、業界内の費用相場もわかり、かつ費用の安い業者を選ぶことができるでしょう。

     

     

    気をつけて!塗料の種類や扱い方で耐久性にも影響が……

    外壁塗装に使う塗料は、外壁の耐用年数や見た目を左右する重要なものです。この塗料を節約して、安価なものを使用してしまうと、後々のトラブルにつながってしまうこともあります。

     

    安い業者は塗料に問題が?

    相見積りでいくつかの業者の見積りを比較してみると、極端に安い費用で作業をおこなってくれる業者がいます。相場に対して極端に安い業者は、使用する塗料などの品質に問題があるかもしれません。

    安い塗料は寿命も短いため、短期間で再工事が必要になる可能性があります。そうならないためには、業者に使用する塗料の種類や、おおよその耐用年数を確認することです。

    一般的にいわれる外壁塗装の耐用年数は約10年です。耐用年数が短すぎる業者が使用する塗料はおそらく低品質のもの、依頼は避けましょう。

     

    オススメな塗料とは

    数ある塗料のなかでもオススメとされるのが「シリコン塗料」です。シリコン塗料よりも高品質なものに「フッ素塗料」があります。しかし、フッ素塗料は高額なため、費用対効果を考えると、シリコン塗料がよいとされます。

     

    塗料の塗り方も肝心

    外壁塗装に使う塗料は大切ですが、塗料の塗りかたも同じくらい大切です。塗料は塗りかたによって寿命が変わります。なぜなら塗りかたによって、塗料の外壁への密着具合が変わるためです。密着していない塗料は簡単にはがれてしまい、早い段階で再工事が必要になります。

     

     

    施工後に後悔しないために……業者選びのコツ

    施工後に後悔しないために……業者選びのコツ

     

    外壁工事は作業をする職人の技術や、担当者の対応が重要です。素晴らしい業者を探し出すためには、下記の方法を参考にして、業者選びを進めるようにしてみてください。

     

    実績があり施工に自信がある

    職人の技術に自信がある業者は、作業にも自信があります。その確認をするには業者の公式サイトの施工例や、実績の確認をしてみるのがよいでしょう。とくに写真付きの事例などが紹介されていれば確認してみると、実際の作業風景が想像しやすいでしょう。

     

    追加料金がかからない

    当日の作業前の見積り、この見積り金額から追加で料金がかからないところを選びましょう。信頼できる業者は、作業にかかる金額の内訳も明確です。追加料金の有無のほかにも、不透明な料金がかからない業者を選ぶのがよいでしょう。

     

    施工後の保証期間がある

    外壁塗装後、すぐに塗装がはがれてしまってはまったく意味がありません。信頼できる業者は、作業後に数年間の保証期間を設けていることが多いです。この保証は裏を返せば作業に対する自信とも考えられます。外壁の塗装依頼は、保証期間のある業者に依頼しましょう。

     

     

    まとめ

    外壁塗装の役割は、家の外観を美しくすることだけではありません。家の外壁を守る「バリア」の機能も備えた、重要な部分です。現在外壁塗装を依頼しようか悩んでいるかたは、家の外壁に不具合が出始める前に、業者に依頼を検討してみるのがよいでしょう。

    外壁塗装の費用相場は約50万円~100万円といわれます。この金額は建坪や家の大きさによって変動しますので、気になるかたはまず無料で、いくつかの業者に見積りを出してもらうのがよいでしょう。

    外壁の塗装をせずに何年も放置するのは、外壁のヒビや割れにもつながります。ぜひ今回の内容を参考にして、外壁塗装を検討してみてはいかがでしょうか?

     

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
    Loading...

    お客様の声

    詳細はこちら

    外壁比較の専門スタッフが優良業者をご紹介! 通話料無料 24時間365日対応 0800-805-7827