外壁の張り替え、費用相場はいくら?サイディング素材の特徴もご紹介 |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

外壁の張り替え、費用相場はいくら?サイディング素材の特徴もご紹介

傷んだ外壁、張り替えるならどの方法がコスパよし?素材も要チェック

 

外壁の“張り替え”とは、どのような作業なのでしょうか。外壁と聞いて一番に思いつくのは塗装だという人が多いでしょう。今ある壁にさらに塗装を重ねることで、衰えた外壁の機能を回復させるのははよく知られる方法です。

一方で、“張り替え”は壁を取り替える作業です。似たような工法に“重ね張り”というものがあり、こちら塗装ではなく壁を重ねて設置する方法です。どの方法が一番適しているのかは、ご家庭によりますので、3つの工法について理解を深めて選ぶことが重要です。

今回は、「外壁でいう張り替え工法ってなに?」「費用が気になるし、どの方法で外壁リフォームしようか迷っている」という方にむけて、張り替え工法についてまとめました。ほかの工法との比較をはじめ、張り替えと重ね張りのメリット・デメリット、おすすめ素材、費用などについてもご紹介します。

 

 

 

 

外壁張り替え前に知っておきたい基礎知識

はじめに、冒頭でも触れた3つの工法について、それぞれの基本情報をご紹介します。張り替え工法で気を付けるべきことや、効果の比較についても要チェックです。

 

外壁の痛みを修理する方法は主に3つ

外壁をリフォームしたいとき、選択肢は「塗装」「重ね張り」「張り替え」の3つです。どれも同じ外壁を扱う施工ですが、その方法は根本的に違います。

 

【塗装】

塗装は一般的によく知られている方法で、建物の壁に塗装を塗る作業のことです。塗装がはがれかけていたり、外壁に痛みが見られたり、防水機能が消えかけていたりする場合に、上から塗装を被せることで機能を回復させようとする試みです。壁を崩す必要がなく、比較的簡単におこなえる方法といえます。

 

【張り替え】

張り替えでは、建物の外壁と下地と呼ばれる部分を一度撤去し、骨組みだけが残った状態にします。その後、新しい壁(サイディング)を設置します。外壁をすべて変えるので、古く劣化している民家でも、張り替えれば見違えるほどの耐久度と見た目を取り戻すことがきるでしょう。

 

【重ね張り】

塗装と張り替えの中間に位置する工法が重ね張りです。壁を「取り付ける」という意味では張り替えに似ていますが、今ある外壁を取り壊すことはせず、新しい壁で壁面をカバーします。液体状の塗装を塗るのではなく、新しい壁を上から被せるように設置することが、塗装との大きな違いです。

 

塗装での補修より張り替えが効果的な理由

外壁塗装はよく知られる外壁のリフォーム方法ですが、本当は張り替えするのが望ましいです。というのも、劣化した外壁に塗装を重ねるだけでは、一時しのぎに過ぎないからです。100%劣化を戻すことは困難でしょう。

しかし張り替えをすれば、骨組み以外の壁が全部生まれ変わるので、万全な壁を取り戻せます。張り替えたサイディングは塗装よりも長持ちなので、外壁に対する心配も大きく減らせるでしょう。さらに、壁の素材を思い切り換えて見違えるような模様替えをすることも可能です。

何十年と長く住む予定がある家はとくに、外壁塗装よりも張り替えを選んだほうが今後の安全・安心につながるでしょう。

 

 

外壁の張り替えは「素材の重さ」をしっかり確認!

外壁の張り替えの際は、素材に注意しなければなりません。とくに気にするべきは“重さ”です。使われている素材が違えば、サイディング1個単位の重量も違います。

重量が大きくなるほど外壁全体が重くなりますよね。そうなると心配なのが耐震性です。張り替え前の軽めの外壁に合わせて作られていた骨格が、張り替え後に外壁が重くなることで揺れなどの衝撃に弱くなってしまうことが考えられます。

重量感がある素材だと高級感が増しますし、厚みがあればデザインの幅も広がります。ただ、好みのデザインを見つけたとしても、安直にデザインだけで決めずに、家の安全を第一に検討しましょう。「重さはどれくらいか」「ご自身の家のつくりに適した重さか」ということを業者に相談してみることが重要です。

 

 

古い外壁をめくって張り替える場合のメリット

古い外壁をめくって張り替える場合のメリット

 

張り替えのメリットは何でしょうか?デメリットもあるので、両方きちんと確認しましょう。

 

【メリット】

  • 軽量素材を選べば、地震対策に効果的
  • 古い外壁が完全に新しくなるので、耐久度アップ
  • 既存の外壁とは違う素材を使って外壁デザインを大きく変更できる
  • 張り替えと同時に下地などの不具合を直すことも可能
  •  

    【デメリット】

  • 張り替え完了までに時間がかかり、工事中は住むことができない
  • 今ある外壁の撤去や処分にも費用がかかる分、トータル費用が高い
  • 築年数や外壁の構造上、張り替え自体が不可能なこともある
  •  

    「重ね張り」で張り替える場合のメリット

    重ね張りのメリット・デメリットは以下のとおりです。張り替えと比較しながら、どちらがよいか検討しましょう。

     

     

    【メリット】

  • 張り替えよりも費用が安い
  • 施工期間も短く済む
  • 家に住みながら工事できる
  • 壁が厚くなり、防音機能と断熱機能がアップ
  •  

    【デメリット】

  • ほとんどの場合、金属製サイディングしか利用できない
  • 技術がいる作業なため、きちんと施工しなければトラブルが起こることも
  • 外壁全体が重くなり、耐震度に影響が出る可能性がある
  • 外壁が激しく劣化している場合は対応できない場合もある
  •  

    各種サイディング素材の特徴をランク順に紹介

    各種サイディング素材の特徴をランク順に紹介

     

    張り替えと重ね張りで使われる4つの素材を、費用が高い順にご紹介します。

     

    ・樹脂サイディング

    デザイン性を一番に求める場合にもってこいの素材です。色もデザインも豊富で、発色のよい鮮やかな外壁にすることができます。軽いので張り替え費用自体が安く済むことが多いです。

     

    ・木製サイディング

    木材の上から塗装を施したサイディングを木製サイディングと呼びます。木材ならではの材質を楽しむことができますが、防火性が低いという木ならではの問題もあります。

     

    ・金属系サイディング

    重ね張りができる素材です。金属でできているので断熱性高く、日光にさらされる外壁としては大きなポイントです。重量が軽いのも特徴です。

     

    ・窯業(ようぎょう)系サイディング

    値段が比較的安いうえに、火事や地震、騒音にも強い素材な素材です。張り替え・重ね張りで一番よく使われています。

     

     

    素材による違いをご紹介しましたが、色やデザインといった違いもあります。たとえばデザインなら、レンガ風、木材風、塗り壁風、無地などからお好みで選び、デザインを楽しみましょう。

     

     

    外壁張り替えのタイミングはいつ?費用相場は?

    毎日太陽光や雨風にさらされている外壁は年月とともに劣化していくため、定期的なリフォームが必須です。とはいえ、「いつかはやるけど、寿命が来るまで待とう」「費用が気になって決断できない」といった思いを抱えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

    ここからは、張り替えのタイミングや費用、お得に済ませるコツについて紹介していきます。

     

    外壁サイディングの平均寿命は約30年

    外壁の寿命はおよそ30年といわれています。サイディングの種類はさまざまですが、度の種類でもだいたい30年ほどの寿命だと考えられています。

    ただし、接続部分のシーリングはもっと早く、10年以下で劣化する可能性も十分にありますし、そのほかにも環境や施工の完成度などが原因で劣化が早まることが考えられます。また、塗装した外壁の場合、触れると白い粉が付くチョーキング現象、ヒビ割れといった症状が10年もたたないうちに出てくることがあります。

    「寿命=交換時期」ではありません。寿命を迎える前に交換することこそが、安心安全な家のための基本です。そのため、余裕を持って張り替えを検討することをおすすめします。

     

    「張り替え」と「重ね張り」の費用相場とは

    外壁塗装の費用の例としては、2階建ての住宅(30坪以上)となると、「張り替え」も「重ね張り」も費用は100万円以上するのが相場のようです。状況にもよりますが、基本的には張り替えよりも重ね張りのほうが数十万円ほど安く済むようです。

    ただし、費用はかならずしも一定の数値に決まっているわけではありません。家ひとつひとつに形状や建坪の違いがあるため、絶対的な費用を知ることは簡単ではないのです。また、使いたいサイディングの素材によっても費用が左右されます。

     

    さらに、業者による費用設定の違いも無視できません。費用を大きく分けると、以下の項目があります。

  • 作業費用(人件費用)
  • 材料の運搬
  • 材料費
  • 足場づくり
  • 今ある外壁の撤去
  • 張り替え(重ね張り)
  • シーリング
  • 作業費用と材料の運搬、そして材料費に関しては別ですが、そのほかの項目にかかる費用は、「1平方メートルあたり○○円」というように設定している業者が多いです。壁面積が大きければ、当然費用は高くなるでしょう。

     

    地域で最もコスパのよい業者を探すには

    決して安くはない外壁の張り替え。数千円、数万円でもお得にできたらいいなと思いますよね。お得に済ませるために鍵となるのは“業者の比較”です。相見積りや比較サイトでじっくりと費用や技術を比べてみましょう。

    いくつかの塗装業者に連絡して費用を見積もってもらい、各業者を比較するのが相見積りです。ひとつひとつの業者に電話を入れるなど少々手間がかかりますが、その分業者の対応力を知ることができるので、業者の信頼性を測るのにもうってつけの比較方法です。

    比較サイトを利用すれば、時間も手間も必要なく費用を比較できます。することといえば個別住宅かマンションかなどご自宅の形態と建坪など基本情報を入力するだけです。そうすると、ものの1分足らずで費用の相場を知ることができ、業者選びに大いに役立ちます。

    これらの方法で業者をじっくりと比較して、費用がお得な優良業者を見つけましょう。費用の安さだけを見るのではなく、施工後に追加請求されない安心さや施工技術も確認することが大切です。

     

     

    まとめ

    外壁のリフォーム方法は塗装だけでなく、張り替えや重ね張りといった方法のほうが、安全な外壁を長い間保てます。張り替えを検討するときは、使用する資材(サイディング)の種類と重さに注目し、耐震性と安全性に問題がないかなど業者と相談しながら選びましょう。

    重ね張りと張り替えの両方に違ったメリットがありますので、ご自身が大事だと考えるポイントに合致するほうを選ぶのがおすすめです。もちろんそれぞれにデメリットもありますので、悪い点にも目をむけてくださいね。

    家の安全を守るために大きな役割を果たしている外壁は、劣化する前にリフォームしなければなりません。張り替えのサイディングは30年で寿命を迎えるといわれますが、寿命を迎える前に交換するのが基本です。張り替え・重ね張り・塗装の中から一番よい方法を選び、依頼をすすめましょう。

    気になる費用は建坪などにより大きく左右されるので一概にはいえません。見積りや費用比較サイトを利用しておおよその相場を知れるため、利用してみるとよいでしょう。いくつかの業者を比較して、信頼できてお得な業者を見つけてくださいね。

     

     

    現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0800-805-7827
    3つの項目で カンタン見積り