光触媒塗料で外壁塗装しよう!汚れが勝手に落ちる仕組みや施工費用 |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

光触媒塗料で外壁塗装しよう!汚れが勝手に落ちる仕組みや施工費用

光触媒塗料で外壁塗装しよう!汚れが勝手に落ちる仕組みや施工費用

 

「光触媒塗料」という言葉を聞いたことはありますか?信じられないようなお話しですが、この光触媒塗料を外壁に塗装することで、太陽の光を利用して自分で壁をきれいにするのです。では、どのような仕組みで光触媒塗料は外壁をきれいにしているのでしょう?気になっている方もいることでしょう。

 

このコラムでは、光触媒塗料とはいったいどんなものなのか、光触媒塗料のメリット、デメリット、施工の費用相場など、光触媒塗料に関する情報をまとめてみました。光触媒塗料を知らない方も光触媒塗料の導入を検討中の方も、ぜひこの記事を読んで外壁に施してみてはいかがでしょうか。

 

 

光触媒塗料とはどんなもの?

近ごろ話題になっている光触媒塗料がどんなものなのか、気になっている方もたくさんいることでしょう。光触媒塗料を簡単に説明すると、太陽の光が当たることによって、さまざまな効果を発揮する塗料のことをいいます。光触媒塗料とはどんなものか、お話ししていきます。

 

化学反応を利用して有害物質を無害化する

詳しい光触媒塗料の説明に入る前に、まずは「光触媒」について触れておきましょう。光触媒とは、光を利用して化学反応を促進させる性質のことをいいます。植物がおこなう光合成もこの光触媒のひとつです。

 

植物は光合成により二酸化炭素を取り入れて、酸素を排出しています。このように光触媒には、私たちにとって有害な物質を取り入れて、無害化する働きがあるのです。

 

光触媒塗装のメリット

光触媒塗装のメリット

 

光触媒の仕組みについて理解していただいたところで、ここからは光触媒塗料を外壁に塗装することで得られる、具体的なメリットについてご紹介していきます。

 

太陽光で汚れが浮いて雨で洗い流される

光触媒塗料には、「酸化チタン」という物質が含まれています。この酸化チタンは太陽光に反応することによって、外壁に付着した汚れを分解する働きがあります。分解された汚れは雨水により勝手に落とされていくのです。

 

また、光触媒塗料には親水性(壁面に水が薄く広がる性質)があるので、静電気の発生を抑えることができます。よって光触媒塗料が施された外壁には、雨の後でもチリやホコリが付着しにくいのです。

 

空気浄化の効果がある

光触媒塗料には、外壁の汚れを雨水によって落とす効果と汚れの付着を防止する効果のほかに、「周囲の空気を浄化する」という効果もあります。光触媒塗料に太陽光が当たることで、活性酸素が発生します。この活性酸素には光化学スモッグの原因となる窒素酸化物を分解し、除去する働きがあるのです。

 

耐久性が高い

一般の塗料であると、太陽光に含まれる紫外線が当たることによって劣化を起こしてしまいます。しかし、光触媒塗料はこの紫外線を逆に利用する性質があるので、紫外線による劣化を防ぐことができます。前述しましたが、汚れを雨水で除去する働きもあるので、汚れによる劣化も少なく、光触媒塗料の寿命は10年~15年であるといわれています。

 

光触媒塗装のデメリット

ご紹介したように光触媒塗料にはたくさんのメリットがあり、みなさんも光触媒塗料に興味が湧いてきたと思います。しかし、いくつかデメリットも存在します。光触媒塗料の導入を検討中の方は、これから紹介する光触媒塗料のデメリットについてもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

施工には高い技術が必要になる

非常に魅力的な光触媒塗料ですが、施工にはそれだけ高い技術が要求されます。というのも、光触媒塗料は一般的な塗料と比べると、粘着性がなく、サラサラとした液状をしているからです。また、塗装した後もほかの塗料と比べると乾燥に時間がかかってしまいます。

 

塗装をしてくれた業者の技術が不十分であると、外壁に光触媒塗料がしっかりと密着しないことがあります。そんな状態であると、塗料が乾燥する前に外壁から流れてしまい、外観が損なわれるだけでなく、機能も十分に発揮することができなくなってしまうのです。

 

無機質系の汚れは洗い流せない

光触媒塗料は、太陽光を利用することでチリやホコリを分解することができるとご紹介しましたが、サビや硫黄などの無機質の汚れは分解、除去することができないのです。また、十分に太陽光が当たっていないと、光触媒の効果も発揮することができません。

 

色の選択肢が少ない

光触媒塗料は酸化チタンを多く含んでいるため、どうしても塗料の色が素材本来の白に近くなってしまいます。光触媒機能を付けた外壁にどうしても白以外の色を付けたい場合は、初めに外壁に好みの色の塗料を塗装し、上から透明な光触媒塗料を塗っていく必要があります。

 

ひび割れが起きやすい

光触媒塗料は、乾燥後の固さが他の塗料よりも固いという特徴があります。しかし、塗装が不十分であると、外壁表面にひびが発生しやすいというデメリットもあるのです。

 

坪数別!光触媒塗装の費用相場

坪数別!光触媒塗装の費用相場

 

以上、光触媒塗料のメリットとデメリットについてご紹介しました。さて次は気になる「施工費用」についてです。外壁塗装の費用は壁面積で算出するのですが、消費者に分かりやすいように坪数で表記されることもあります。

 

以下に坪数別に光触媒塗料を施工する際にかかる費用の相場を記しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

坪数別の費用相場

 

20坪~40坪(90万円~170万円)

41坪~60坪(175万円~260万円)

61坪~90坪(262万円~390万円)

91坪~110坪(393万円~470万円)

111坪~130坪(475万円~560万円)

131坪~150坪(565万円~650万円)

151坪からは650万円~

 

以上が外壁に光触媒塗料を施す際にかかる費用の相場です。

 

一般的な塗料よりは費用が高い

高性能で塗装に高い技術が要求される光触媒塗料の施工には、上でご紹介したように費用がどうしても高額になってしまう傾向があります。業者や塗料の種類によっては、通常の塗料の施工よりも1.5倍ほどの費用になってしまうこともあります。

 

残念なことに、中にはこの事実を利用して施工費用を高くつけてくる悪徳な業者も存在します。明らかに費用が高いと感じたときは、先ほどご紹介した坪別の費用の相場と比較してみるのもよい手段です。

 

業者の外壁塗装の全体的な流れ

一般的な外壁塗装よりも高度な技術が要求される光触媒塗料の施工。しっかりとした施工がおこなわれていなければ十分に光触媒の効果が発揮されないかもしれません。

 

ここでは業者がおこなう光触媒塗料の施工手順を簡単にご紹介していきます。全体的な施工の流れがわかっていると、作業説明を聞くうえでも安心でしょう。ぜひ参考にしてみてください。

 

1.足場設置

まずは、安全かつ効率よく作業がおこなえるようにするために、家の周りに仮設足場を組み立てます。専門の業者に足場の設置を依頼する業者もあれば、自社の足場を設置する業者もあります。

 

また、足場を設置せずにロープにぶら下がって施工をおこなう「足場なし工法」という方法もありますが、安全性に欠け、仕上がりも悪くなってしまうことがあるため、費用が安くてもこの方法を取り入れている業者への依頼は避けたほうがよいでしょう。

 

2.高圧洗浄

足場を設置したら、高圧洗浄機で外壁の汚れをしっかりと洗い流していきます。この作業を省いてしまうと塗料がしっかりと密着せず、美しい仕上がりにならないことがあります。

 

3.乾燥

洗浄後は外壁を乾燥させます。乾燥の期間は最低でも48時間は必要であるといわれており、乾燥が不十分で外壁に水分が残っている状態であると、塗料が密着しない原因になったり、日光により水分が膨張し、塗料面に凹凸ができる原因になったりします。

 

4.下地補修

下地補修とは、塗料がしっかりと密着するように施す処置のことをいいます。作業内容はさまざまでひび割れを埋めたり、崩れそうな箇所をパテで埋めて補強したりと細かい作業をおこないます。

 

5.養生

作業中にはどうしても塗料が飛び散ってしまいます。もしかすると車や窓ガラスに塗料が付着してしまうかもしれません。そんなトラブルを防止するために、「養生」と呼ばれる作業をおこないます。この作業は塗装目的ではないところをビニールなどで覆い、塗料の付着を防止することが目的です。

 

6.下塗り

ここでようやく塗装作業に入っていきます。まずは「下塗り」です。外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3工程にわけられます。しかし、状況によっては塗装を3回以上にわけておこなう場合もあります。下塗りの目的は中塗り、上塗りの補強です。

 

7.中塗り

中塗りは上塗り1回目と呼ばれることもあり、上塗りと同じ塗料を使われる場合が多いです。中塗りをしっかりとおこなっていないと、数年後に塗装が剥げてしまう原因になります。

 

8.上塗り

仕上げになるため一番重要な作業です。中塗りの塗料と色を少し変えることによって、塗り忘れを防止するようにしている業者がほとんどです。模様のある外壁や色を付けたいときは透明な塗料を使用することもあります。

 

9.養生取り

塗装が完了したら、養生を丁寧にはがしていきます。はがした後のテープやビニールは業者が処分してくれます。また、テープのはがした跡が残ってしまった場合などは業者に連絡して取ってもらいましょう。

 

10.最終確認

まずは業者が塗装に不備がないか確認をします。このときに不備が見つかった場合は作業し直します。業者が確認をした後は、依頼主が最終確認をおこないます。光触媒塗料の施工は決して安いものではないので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

11.足場解体

確認後には足場を撤去します。足場で見えなかったところもあるかもしれないので、ここでもう一度不備がないか確認するようにしましょう。また外壁は昼と夜で見え方が違うのでさまざまな状況で確認をすることが大切です。

 

12.清掃

確認後は施工で使用した道具や塗料缶などを片付けます。このときに注意してもらいたいのが、使用した塗料缶の数です。明らかに塗料缶の数が少ないときは水で塗料を薄めて塗装をおこなっている可能性があります。

 

疑うことはあまりよいことだと思っていない方も多いことでしょう。しかし、高額な施工費を支払っているのですから、しっかりとした施工をやってもらいたいものですよね。あらかじめ業者には使用した塗料の缶を残しておくように伝えておきましょう。また、塗装が始まったら、毎日缶の数を把握しておくようにすると、トラブルの発生を防ぐことができます。

 

実際の施工費用やほかの塗料についても相談してみよう

光触媒塗料を外壁に塗装すると、さまざまな効果を得ることができますが、費用もその分高く、色の指定が難しい、というデメリットもあります。光触媒塗料が気になっていたけど、ほかの塗料のことも知りたいという方は、まずは業者に相談してみることをおすすめします。

 

見積りを取る際の注意点

業者を選ぶ基準は人によってさまざまだと思いますが、信頼できる業者に依頼したいというのはすべての人に共通していることだと思います。見積りを取ってサービス内容や費用を把握することから始めましょう。ここでは、見積りを取る際の注意点についてお話ししていきます。

 

見積りを取るときに注意すべき点は「見積りの内容が明確であるか」「見積り後の追加料金はないか」「見積り後のキャンセルは可能であるか」といった点です。見積りを取るときはこれらのことをあらかじめ業者に確認しておくと、思わぬ費用を請求されたりするなどのトラブルを回避することができます。

 

まずは気軽に相談してみましょう

光触媒塗料の施工は決して安いものではありません。大きな買い物をするときには慎重になったほうがよいでしょう。後悔しないためにも少しでも気になることがあればすぐに業者に相談することをおすすめします。その中で何でも気軽に相談に乗ってくれる業者に依頼するとよいでしょう。

 

まとめ

光触媒塗料を外壁に施工するにはそれなりに高い費用がかかりますが、耐久性が高く、汚れを雨で落としてくれたり、周囲の空気を清浄してくれたりと、さまざまなメリットを得ることができます。

 

しかし、光触媒塗料の塗装業者の中には、明らかに高い費用を請求してくる悪徳な業者があることもまた事実です。業者を選ぶ際は見積りを取って施工内容や費用をしっかりと確認してから依頼するようにしましょう。

 

また、光触媒塗料のほかにも外壁の塗装について気になることがあれば、まずは業者になんでも相談してみるとよいでしょう。業者ならきっとあなたの要望に合わせた塗料を紹介してくれますよ。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0800-805-7827
3つの項目で カンタン見積り