外壁のコケが気になる!放置リスクと2つの対処法をこっそりご紹介 |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

外壁のコケが気になる!放置リスクと2つの対処法をこっそりご紹介

 外壁のコケが気になる!放置リスクと2つの対処法をこっそりご紹介

外壁にコケが大量に生えていると見た目が悪く、近所の目も気になりますね。どうしたものかと悩んでいるうちに、コケはどんどん繁殖してしまいます。

コケが付着している場所が低い場合は簡単に除去できますが、高いところはなかなか作業しにくいうえに、目立つので気になることも多いです。長期にわたって付着しているコケは落としにくく、放置すれば外壁に大きなダメージを与えることになります。

また、コケが生えている外壁はすでに防水効果を失っているおそれがあるので、適切な対処が必要です。このページでは、外壁にコケが生えるメカニズムやコケの除去方法を詳しく説明いたしますので参考にしてください。

外壁のコケを放置すると発生する悪影響

外壁にコケが発生していると、まずは見栄えの悪さが気になりますね。外壁のコケを放置すれば外観だけではなくさまざまな悪影響があります。

建物が老朽化したように見える

発生したばかりの新しいコケは緑色ですが、時間が経つにつれて黒っぽく見えることもあり建物全体を覆うほどコケが繁殖するようになります。コケを放置すると外壁のみにとどまらず、サッシや換気口などに繁殖してしまうでしょう。

たくさんのコケで覆われてしまった建物は、築年数が浅くても長年放置されて老朽化した建物のように見えてしまいます。せっかくの住まいの美観を損ねてしまうことは、大きなデメリットです。

コケにより外壁に水が浸みこみやすい

コケは水分を含んでいて保水力のある植物ですから、建物にコケが発生すれば外壁の表面は常に湿った状態になります。外壁に生えたコケを放っておくと、壁面に水が浸みこんだり建材が変形したりする原因になります。

コケを放置していると増殖しやすい

コケは水とわずかな日光があれば発生する植物です。長期間放置することで、風でコケの胞子が飛び、どんどん繁殖してしまいます。また、コケは生命力が強いので、枯れたり弱ったりしても日光や湿度が整えばよみがえることもあります。

毒性のコケも存在する

コケのなかには「銅ゴケ」と呼ばれる毒性をもった種類も存在します。銅ゴケは強い毒性をもつ銅イオンが含まれており、土壌で生育しやすい種類です。大量の銅を蓄積しているので、吸いこんだり口に入れたりして体内に取り込まないようにしましょう。

外壁にコケが発生する仕組み

外壁にコケが発生する仕組み

一度発生すると厄介な外壁のコケですが、一体どのようなメカニズムで外壁に根付き繁殖していくのでしょうか。

風でコケの胞子が外壁に付着して成長する

コケの胞子は、風で飛ばされてきて家の外壁に付着します。家の近くに川原や森林などがあれば、胞子が飛んできやすいです。また、家の庭にコケが生息していれば、外壁に胞子が飛んでくるのは避けられません。外壁に水分があり日光が当たれば、そこに根付いて成長していきます。

温度や湿気の影響で増殖する

コケはとくに湿気の多いところで繁殖します。風通しの悪い場所や、お風呂の外壁など、常に湿り気のある場所で増えやすいです。春から夏は気温とともに湿度も高くなり、コケはとくに繁殖しやすくなります。

コケの繁殖は、室内と外気との温度差が生まれたときに起こりやすいです。暖房などで室内を温めることによって、壁に結露ができてしまうような場合には、とくにコケが繁殖しやすくなります。

外壁の塗装が劣化するとコケが発生しやすい

塗装したての外壁には防水機能がありますので、雨が当たってもすぐに乾くようになっています。コケの胞子が飛んできたときに外壁が乾燥していれば、根付くことはむずかしいでしょう。

しかし、塗装がはがれて防水効果が薄れてしまった外壁は、雨でぬれてもすぐには乾きません。外壁がぬれた状態が長く続くと、コケの胞子が飛んできて根付きやすくなっていまいます。水分を多く含んでいる外壁は、コケの繁殖も招いてしまうでしょう。

【対処1】外壁のコケを自分で除去する方法

外壁にコケを発見したら、すぐに対処して繁殖を防ぐことが大事です。自分で除去する方法もありますので参考にしてください。

柔らかいスポンジで水拭きする

コケの繁殖している範囲が少ないうちは、水を含ませた柔らかいスポンジで軽くこすってみましょう。発生して間もないコケなら、ある程度除去することができます。

しかし、発生してから時間が経ってしまったコケは根が強く張っているため、スポンジでこすっても落ちにくいです。落ちにくいコケを固いタワシなどでこするのはよくありません。外壁の塗膜が傷ついて、防水機能がさらに失われてしまうからです。

コケの繁殖が重度な場合は、外壁の防水機能が失われてしまっているおそれがあります。外壁が常に湿気を含んでいて、コケを除去したとしてもまたすぐに発生してしまうおそれがあります。コケの除去とともに、防水機能を高めるための外壁塗装が必要です。

高い位置のコケはロングモップで掃除する

外壁のコケは、高い場所に発生していることもありますね。そういった場合は、ロングモップを使って掃除してみましょう。ロングモップを使っても届かない場所は、無理をしないで業者に任せるのが安心です。足場を組んで安全に作業してもらいましょう。

【対処2】業者によるコケ除去・外壁塗装の流れ

【対処2】業者によるコケ除去・外壁塗装の流れ

スポンジで軽く擦っても除去できないコケや高所に繁殖したコケは、業者に任せるのが安心です。防水機能が薄れてコケが繁殖してしまっている外壁は、コケの除去とともに外壁塗装もおこなった方がよいでしょう。業者に任せる際には、以下のような作業の流れになります。

1.足場設置

まず始めに足場を組みます。外壁のコケ除去から塗装までこの足場を使って作業がおこなわれます。業者は足場を組む前に、しっかりと近隣住民への配慮や安全確認をします。

養生作業もしっかりおこない、周辺を汚してしまうことがないよう丁寧かつスピーディーに作業をおこないます。

2.外壁を高圧洗浄

つぎに、高圧洗浄機を使用して外壁の汚れやコケを除去します。高圧洗浄機なら、なかなか手が届かないような場所まで洗浄してもらえるのがうれしいポイントです。普段のお掃除が大変で後回しにしがちな雨戸やベランダ周辺の汚れも、キレイになります。

3.下地補修

つぎに、外壁の下地のひび割れや傷を補修します。下地補修は細かく丁寧な作業です。プロなら、高い技術で丁寧に美しく仕上げてもらえます。

4.下塗り

下地に続いて下塗りをすることで、塗料と外壁の密着度を高めます。塗料の種類は年々進化していて、よりよいものが開発されています。プロ目線で建物の状態に合わせた塗料を提案してもらえるので安心です。

5.上塗り

下地、下塗りで整えたあとは、依頼人の希望に沿った塗料で上塗りします。専門技術をもったプロなら、細かい場所まで丁寧に仕上げてくれます。

6.足場撤去

コケ除去と外壁塗装の作業が終われば、安全確認をおこないながら足場を撤去します。撤去作業はあっという間です。

7.完成

最後に、作業に抜けがないが確認し、周辺の掃除をして完成です。

まとめ

外壁にコケが発生した場合の対処法について、ご紹介いたしました。コケを見つけたらなるべく早く取り除いて、繁殖を防ぐことが重要です。

コケが発生するメカニズムを考えてみると、外壁に発生しているコケは外壁の防水機能低下を表しているひとつの証拠ととらえましょう。

コケが繁殖してしまっている場合は、コケの除去とともに外壁を塗装し直す必要があります。外壁の掃除や塗装は高所の作業になりますので、自分でおこなうのは危険をともないます。業者に依頼して本格的なコケ除去と外壁塗装をしてもらいましょう。

コケ除去と外壁塗装をおこなうと、外壁の美しさを取り戻すことができます。コケの繁殖が家中に広がってしまわないよう、早めに業者へ相談し、快適で美しい住まいを手に入れましょう。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0800-805-7827
3つの項目で カンタン見積り