アパートの外壁塗装の耐久は約15年!入居を増やす方法&施工費用 |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

アパートの外壁塗装の耐久は約15年!入居を増やす方法&施工費用

アパートの外壁塗装の耐久は約15年!入居を増やす方法&施工費用

「そろそろ所有しているアパートの外壁塗装をしようかな」と考えているオーナーの方は、外壁塗装をおこなう正しいタイミングや費用についてご存知でしょうか。アパートの外壁は見た目だけではなく住宅環境にもつながります。

外壁の劣化が著しいままでは、本来住宅が持つべき防水性や耐水性を損ねてしまうおそれもあるのです。そのため、外壁は適切なタイミングでおこなうことが大切です。

このコラムでは、外壁の塗り替えのタイミングや費用の目安をお伝えします。アパートの入居者数にも関わるメンテナンスのひとつ、外壁塗装についての詳細をぜひご確認ください。

アパートの外壁塗装は何年程度で必要になるの?

まずは、外壁の塗り替えのタイミングについて確認しましょう。年月の経過とともに起こるアパートの劣化現象についてもご説明します。

基本的には7年から15年ごとに外壁塗装が必要

外壁塗装は、アパートを建築してから約7年~15年後から開始するのが一般的です。その後も同じくらいの期間をあけておこなっていきます。このような頻度でおこなうのは、劣化の進行と塗料の効果を保てるのがこのくらいの期間だからです。

また、外壁の塗料にはいくつかの種類があるため、塗料の種類によっても塗料の持つ効果が保たれる期間は異なります。約7年から15年の間に住宅と塗料の状態をみて劣化が確認できたら塗装するというのが、外壁塗装をおこなうタイミングの見極め方といえるでしょう。

築年数ごとに発生しやすい劣化症状

塗料の劣化は、年月の経過とともに進行します。劣化の進行は表面のツヤがなくなるといった見た目の部分から始まり、最終段階になると塗料のはがれが生じます。塗料がはがれると住宅の壁を保護する機能がなくなるので、この段階になると外壁塗装が必須です。

このように、外壁は見た目から始まり、汚れやヒビ割れが生じてゆく中で最終的には塗料の効果を失います。外壁塗装をタイミングよくおこなうことは、住宅劣化の進行を防ぐためにも重要なのです。

外壁塗装でアパートの入居者は増えるのか

外壁塗装でアパートの入居者は増えるのか

外壁塗装は見た目や機能の劣化を防ぐために必要だと確認しました。では、外壁塗装をするかしないかで、アパートの入居者数への影響はあるのでしょうか。ここではアパートの経営においても大切な入居者数と、外壁塗装との関わりについてご説明します。

建物の外観で第一印象が決まる

引っ越しの物件探しには、部屋の中だけではなく外観にもこだわる人は多いのではないでしょうか。これから住もうとする家を選ぶとき、外観が劣化した物件よりもきれいな物件を好む方は多いです。見た目以外の家賃や間取りももちろん重要ですが、見た目も引っ越し先を選ぶひとつのポイントとなるでしょう。

所有アパートを外壁から魅力的な物件にするには、色やデザインもこだわりたいところです。一部の人が好むような色やデザインよりも、多くの人が好むような色やデザインのほうが入居者の増加は期待できるはずです。斬新なデザインや特定の人にしか好まれないような色の外壁は、入居者を選ぶことになりかねません。

劣化の放置で建物の資産価値が低下する可能性

入居者の減少を防ぐためだけではなく、アパートの価値を下げないためにも外壁塗装は必要です。賃貸アパートなどの不動産の価値は、建築したときからの時間経過とともに下がっていくのは一般的ですが、外壁の劣化が不動産の価値をさらに下げることもあります。

不動産の資産価値は、その建物や土地を売ろうとするときに買い手が現れるほどの価値があるかどうかで決まります。つまり買いたくなるような魅力がない建物には、不動産としての価値があるとはいえないのです。

不動産の価値を決めるポイントのひとつが、建物の外観イメージです。外壁の劣化は外観イメージを低下させ、アパートの資産価値も左右しかねません。資産価値の低下を防ぐためにも、外壁を整えるアパートのメンテナンスをおこないましょう。

アパート外壁塗装の費用相場はいくら?

外壁塗装は見た目や機能の劣化だけでなく入居者数にも影響するため、アパート経営を効率よくおこなうためにも外壁塗装は重要です。ではそんな外壁塗装の費用は、どのくらいなのかを確認していきましょう。

基本的には150万円から300万円程度

外壁塗装の費用は所有アパートによって異なります。目安として、賃貸アパートの形状として多い2階建てから3階建て程度の建物であれば、外壁塗装にかかる費用は150万円から300万円程度が現在の相場です。しかしあくまで目安であり、アパートの構造や建築されている場所によっても外壁塗装の費用は変動します。

所有アパートでの塗装の具体的な費用を知りたい方は、まずは外装塗装の業者へ相談してみてはいかがでしょうか。業者によっては無料で見積りをしているところもあるので、まずは相談しおよその費用を把握することも可能です。

選ぶ塗料により費用や耐久性が違う

外壁の塗料にはいくつかの種類があるので、どの塗料を使用するかによって費用が異なるのです。塗料の耐久性が高いものほど、外壁塗装の費用も高額になります。塗料は大きく分けて、ウレタン系・アクリル系・シリコン系・フッ素系の4種類に分かれます。

このうちウレタン系とアクリル系の塗料は、新築アパートによく使用されています。この2つの塗料の相場は1平米あたり1,000円~2,000円で、耐久性は約5年~10年の間が目安です。

外壁塗装前から完成までの全体的な流れ

外壁塗装前から完成までの全体的な流れ

外壁塗装は準備から完成まで段階を踏んでおこないますが、業者や入居者を巻き込んでおこなうため周囲への配慮も欠かせません。ここでは、外壁塗装の全体的な流れについて確認しましょう。

1.施工前

外壁塗装には、まずは業者の選択から始めましょう。いくつかの業者で見積りをすれば、その見積書をもとにして価格や内容を比較することができます。

外壁塗装は、施工の不備や工事中に入居者や通行人へ被害が発生する危険をともなう作業です。そのため、作業の保証内容は業者比較のポイントのひとつといえるでしょう。

そのほか施工内容の詳細が明確に示されている業者も、安心できる業者です。こうしたいくつかのポイントから業者を比較し、適切な費用で確実な施工をする業者選びが大切です。

業者と施工の日程が決まったら、入居者へ外壁塗装の通知をします。通知には日程・工事に関わる業者の出入り・諸注意・連絡窓口などの内容を載せるとよいでしょう。

こうした内容は、業者に相談して作成することで掲載の漏れを防ぐことができます。また隣接する住居などの建物がある場合は、外壁塗装の実施を事前に伝え、理解を得ておくことで未然にトラブルを防ぐことができるでしょう。

2.工事開始

外壁塗装をおこなうためには、アパートに入居している方々の理解と協力が必要です。入居者へは事前に外壁塗装について周知するようにしましょう。細かいことですが周囲への配慮をきちんとおこなえば、入居者の信頼を得ながらアパートを経営することができるのです。

入居者とオーナー、入居者と業者の間でもトラブルが起きないよう、施工前には十分な配慮をしましょう。たとえば入居者へ塗装業者の情報を伝えることは、施工期間の入居者の安心な生活へとつながります。

またトラブルが発生した場合の連絡先も、入居者にとっては大切な情報です。アパートのオーナーご自身にとっても、緊急連絡先を業者とよく確認しておくことは工事開始にあたって必要となります。

3.工事完了

外壁塗装が終了したら、業者と塗装状況の確認をしましょう。また事前に挨拶をしていた近隣の住宅があれば終了したことを伝え感謝することで、その後のアパート経営への理解も得やすい関係を作ることもできます。

アパートの周囲の環境が元通りになっているかのチェックも、入居者の快適な生活環境の維持には欠かせません。こうした工事完了後の行為がその後のメンテナンスをスムーズにおこなううえで重要なポイントにもなり、効率的なアパート経営につながります。

新築アパートのようにしたい!まずは業者に無料相談

アパートの外壁塗装は、住む側にもオーナー側にとっても大切なメンテナンスです。見た目も新築のようなアパートであれば、新規の入居者も増えることでしょう。

外壁塗装を長期間保つコツは、耐久性の高い塗料を使用する以外にもあります。外壁塗装に加え外壁の洗浄や劣化防止処理をすれば、良好な状態をより長く保つことができるのです。こういった処理の方法や費用の目安は、業者へ確認すれば詳しく確認することができます。

多くの業者では施工前の見積りができるので、アパートの外壁塗装をお考えの場合はまずは業者へ相談してみることをおすすめします。外壁塗装によって、所有されているアパートが快適な環境で維持されることを願っています。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0800-805-7827
3つの項目で カンタン見積り