外壁はコーキングの劣化によって傷んでしまう!補修方法ご紹介します |外壁塗装・リフォームでお困りなら【外壁塗装プランナー】

外壁はコーキングの劣化によって傷んでしまう!補修方法ご紹介します

外壁はコーキングの劣化によって傷んでしまう!補修方法ご紹介します

外壁のコーキングとは、外壁材と外壁材の継ぎ目部分に施してある詰めものを指します。一般的な建築物であれば、まず間違いなく施されているものです。そのため、ご自宅の外壁をよく見ていただければ、コーキングを確認することができます。

外壁のコーキングには、主に水漏れを防ぐ効果があります。つまり、コーキングがしっかりと施されているからこそ、雨が降ったときでも壁の内側まで水が染みてこないのです。逆に、コーキングが劣化していれば水漏れが起きてしまいます。

本コラムでは、外壁のコーキングの劣化について、その症状やリスクをご紹介します。補修方法もご説明しますので、大切なご自宅を守るうえで役立ててくだされば幸いです。

外壁のコーキングにこんな症状出ていませんか?

外壁のコーキングの劣化は、基本的に目で見て確かめることができます。この章では、外壁のどういった点に目を向ければよいのかご紹介します。ぜひ一度、ご自宅の外壁をよく点検してみてください。劣化の可能性がある部分を発見した場合は、補修を具体的に検討しましょう。

外壁とコーキングとの間に隙間がある

外壁とコーキングに隙間がある場合は、コーキングが劣化している可能性があります。主な原因として考えられるのは、接着目的で使用されるプライマーという下塗り塗料の建設時の塗り忘れや、塗ってあったとしても塗り方にムラがある場合です。また、風や地震などで外壁が揺れ動いた際に、コーキングの接着強度が耐えられなかった可能性もあります。

コーキングの真ん中が切れている

コーキングの真ん中を縦に走るように亀裂が生じている場合は、コーキングに補修が必要です。この劣化症状の主な原因は、コーキング材に寿命がきてしまったことが考えられます。

コーキングのすぐ後ろにバックアップ材が見えている

外壁材同士の継ぎ目には、コーキング材の充填具合の調整などを目的として、ポリエチレン発泡体で作られたバックアップ材が使われています。そんなバックアップ材は、本来コーキング材で隠れているものです。そのため、バックアップ材が見えているほどコーキングのひび割れがひどい場合は、補修を検討しましょう。

症状が進むと家にはどんな影響が出るの?

コーキング材が外壁からはがれて隙間ができている場合や、亀裂やひび割れがある場合、その劣化箇所から雨水が浸入します。つまり水漏れが起きるということです。

外壁の内側に入り込んだ水分は、家を構成するさまざまな材料を腐らせたり、サビつかせたりします。さらに、腐植した建材はシロアリの発生する原因にもなってしまいます。コーキングの劣化は、建築物全体を損なうのです。

コーキングの補修はどんなふうにやるの?

外壁はコーキングの劣化によって傷んでしまう!補修方法ご紹介します

劣化が確認できた場合は、大切なご自宅を守るためにも、できるだけ速やかに補修をおこなわなければなりません。この章では補修の代表的な方法と、その手順についてご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

打ち替えと打ち増しの2種類がある

外壁のコーキングの補修には、やり方が主に2種類あります。『打ち替え』と『打ち増し』とよばれる工法です。それぞれについて具体的に説明していきます。

・打ち替えとは
現在使っているコーキングを取り除いてから、新しくコーキングをおこなう工法です。コーキングの劣化には天候などの要素もかかわるため、一概にはいえませんが、打ち替えをおこなったあとのコーキングは7年~10年は劣化の心配がありません。

コーキング材をすべて新しいものにするため、費用は少し高めになります。ですが、改めて外壁の継ぎ目をしっかりと埋め直すことで、劣化によって損なわれていた防水性をまた万全な状態に回復させることが可能です。

・打ち増しとは
すでにあるコーキングに、重ねてコーキングをおこなう工法です。打ち替えとは違ってすべてを新しくするわけではないので、そのぶん費用を抑えられます。

しかし、あくまでコーキング材を重ねるだけであって、既存のコーキング材に起きている劣化を修繕できるわけではありません。重ねるコーキング材が、劣化している既存のコーキング材と必ずなじむというわけでもありません。せっかく打ち増しをしても、既存の劣化が原因で、外壁からはがれてしまうなどの不具合が生じるおそれがあります。

一般的な補修の流れ

補修の一般的な流れを知っていれば、補修を業者に依頼した際に、不要な施工をされて余分な費用を請求されてしまうなどのトラブルを防ぐことが可能です。コーキングの補修がどのようにおこなわれるのか、基本的なことだけでも把握しておきましょう。

打ち替えで補修する際は、まず現在使っているコーキング材を取り除きます。カッターなどの道具を使って除去することが多いです。コーキング材をはがし終えたら、コーキング材のカスや土ぼこりといった汚れをしっかりと掃除してキレイにします。

次に、より強く密着させるためにプライマーとよばれる下塗り塗料を塗っていくのですが、その前にテープ類を継ぎ目の周りに貼っておくとよいです。テープを貼りつけることによって、外壁へのコーキング材の付着を避けることができるからです。

無事に継ぎ目にプライマーを塗ることができたら、コーキング材を上から下に向けて、空洞ができないように注意しながら充填していきます。ひと通り充填を終えたら、コーキング材の量が均一になるようにヘラでならし、テープ類を継ぎ目周りに貼っていた場合はそれをはがします。そしてしっかりと乾燥させたら、補修は完了です。

自分で補修する場合はリスクを理解しておこなう

どんな補修作業にもリスクがつきものであるように、コーキングの補修作業にもさまざまなリスクがあります。確かに外壁のコーキングは、自力でおこなうことも可能です。しかし、自力でおこなう際は、リスクについても覚悟しなければなりません。この章では、そのリスクについてご説明します。

考えられるリスク

戸建て住宅に使われるコーキング材は『変性シリコン系』や『ポリウレタン系』のものなどが一般的です。そのため、知識がないとコーキング材やプライマーなどの材料を選ぶ際に、ご自宅に適していないものを選んでしまうおそれがあります。そうなれば、せっかく購入したコーキング材も買い直さなければなりません。

さらに、キレイにコーキング材を充填することができなくて、仕上がりが汚くなってしまうことも考えられます。充填作業は不慣れな人間にとって、キレイにおこなうことが難しい作業です。コーキングが汚い仕上がりになれば、家の美しい外観まで損なわれてしまうかもしれません。

高所での作業が必要になった場合、落下して負傷する危険性も考えられます。コーキングを完全に補修しようとすれば、地面に立ったままでは届かないような範囲まで点検しなければならないからです。

自分では万全な仕上がりにできたと思っていても、実は正しく補修できていないというリスクも考えなければなりません。その場合、補修されずに放置された劣化箇所から雨水が浸入し、水漏れが起きる危険性があります。

どうしても自分で補修したい場合は1階だけにしましょう

リスクがあることを理解したうえで、それでも自分で補修したい場合は、せめて1階部分だけにしておきましょう。仕上がりが汚くなったり、うまく補修できずに水漏れを起こしたりするのはまだ取り返しがつきますが、高所からの落下などは命にかかわってきます。地面に立ったまま作業できる範囲以外は、外壁塗装を扱っている業者へ依頼してください。

・自力で補修する際に必要なもの

  • コーキング材
  • コーキングガン(コーキングを充填するため)
  • プライマー(下塗り塗料)
  • テープ類(外壁が汚れないように貼る。マスキングテープなど)
  • カッター(古いコーキングをはがすため)
  • ヘラ(充填が済んだあとにおこなう、ならし作業で使うため)

以上、6つの道具をそろえましょう。準備が整ったら、作業に入っていきます。

・一般的な作業手順
まずは、すでにあるコーキング材をすべて取り除いたら、継ぎ目の掃除をおこないます。次に、継ぎ目周りに汚れを防ぐためのテープを貼ったら、プライマーを塗りましょう。そして、空洞ができないように注意しながらコーキング材を上から下へと充填し、終わったらヘラで均一にします。そして汚れ防止のテープをはがしたら、しっかり乾かして補修完了です。

コーキングの補修はプロに依頼しましょう

外壁はコーキングの劣化によって傷んでしまう!補修方法ご紹介します

確かに業者に依頼すると、自分で補修するより費用がかかります。しかし、自分で補修する際のリスクと比較すれば、損にはなりません。材料選びで間違えることもないですし、仕上がりもキレイになるため外観の美しさが保たれます。そしてなんといっても、自分で補修する際には必ずあるケガのリスクを回避できることが、最大のメリットといえます。

コーキングの補修を業者に依頼するときのポイント3つ

コーキングの補修を依頼する業者は、どこでもよいというわけではありません。業者の中にも信頼のおける業者と、そうではない業者があります。まずは費用相場をご紹介しますので、相場の範囲内の費用で施工してくれる業者を選びましょう。さらに、よりよい業者を選ぶためのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

費用はどれくらい?

業者が請求する費用には、基本的な算出方法があります。ですが、それは『打ち替え』をおこなうのか、それとも『打ち増し』をおこなうのかによって変わってくるものです。さらに、足場を組むかどうか、コーキング材の種類や使用量によっても、全体の費用は変わります。このコラムをふくめ、ネット上の情報は目安として考えてください。

まず、打ち替えの場合ですが、大体400,000円から500,000円が相場といわれています。次に打ち増しの場合ですが、大体300,000円から350,000円が相場といわれています。打ち替えのほうが高額になるのは、重ね塗りのようなものである打ち増しと違い、既存のコーキング材をすべて新しいものに替える必要があるからです。

ちなみに、ご紹介した上記の金額は、どちらも一般的な2階建ての住宅で、足場を組んだ場合の相場になります。コーキングの補修を業者に依頼する場合、足場を組んで外壁上部までおこなうことが一般的です。足場を組まない場合には、もう少し金額が安くなります。

よい業者に出会うために確認するべきこと

よい業者を選ぶためのポイントは3つあります。どれも基本的なことばかりで、当たり前だと思われるようなことですが、基本が守られていない業者は選ぶべきではありません。ぜひ参考にしてください。

・明朗な見積りであるかどうか
無料で見積りをおこなってくれることは当然として、その見積りがわかりやすいものかどうかが重要です。もし少しでも不明な点があるようなら、必ず納得できるまで質問しましょう。それに対して丁寧に答えてくれるかどうかで、業者の信頼性を見極めることもできます。さらに、見積り以上の金額を、施工後に請求しないと確約してくれるかも大事です。

・実績が豊富であるかどうか
実績が豊富ということは、多くの人から信頼されているということです。わざわざ実績の少ない業者に依頼するメリットはありませんので、確かな実績をもつ業者を選びましょう。

・アフターフォローが万全かどうか
外壁のコーキングは、台風や地震などの影響も受けてしまいます。もし、施工して間もないうちに深刻な自然災害に見舞われた場合は、不具合が生じてしまう可能性もあります。だからこそ、保証期間をしっかりと設けている業者を選ぶべきなのです。

まとめ

外壁のコーキングは、劣化したままにしておくと、水漏れが起きてしまう危険性があります。水漏れは木材を腐らせ、鉄骨をサビつかせるため、大切なご自宅を守るためにも速やかに対処しなければなりません。

コーキングの補修は、自分でもやろうと思えばできることです。しかし、自力での補修作業にはリスクが存在します。誤った材料選びをしてしまうおそれがありますし、高所の補修をおこなおうとした結果、はしごから転落して負傷するかもしれません。

劣化したコーキングの補修は、プロの業者に依頼しましょう。プロに任せれば、自力でおこなうより費用はかかってしまいますが、安全に、キレイに、確実に、補修をおこなってもらえます。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。専門スタッフが常時待機しています!0800-805-7827
3つの項目で カンタン見積り