外壁塗装にペンキはアリ?塗料との違いやメリット・デメリットも

外壁塗装にペンキはアリ?塗料との違いやメリット・デメリットも

 

年月がたつにつれて、外壁の劣化が気になりますよね。外壁塗装を行ってきれいな外壁を取り戻してみませんか?

 

外壁塗装をする際には塗材が必要になります。塗材と聞くと「ペンキ」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は外壁塗装の塗材は主に「塗料」が使われています。

 

ここでは、塗料とペンキの違いから、外壁塗装をする際のポイントをご紹介します。この先、外壁塗装を行う予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

外壁に使うペンキと塗料の違いは?

外壁の塗装は、年月がたつにつれてはがれて塗り直しが必要になる場合があります。外壁を塗る際には塗材を使いますが、この塗材、ペンキだと思い込んでいませんか?

 

よく勘違いされやすいのですが、実はペンキと塗料は違うものなのです。まずは、ペンキと塗料の違いについて詳しくご紹介します。

 

ペンキの成分と役割は?

ペンキは、通常オイルペイントや合成樹脂調合ペイントを指し、植物油などで希釈されています。なお、一般的に販売されているペンキは合成樹脂調合ペイントであることが多いです。しかし、合成樹脂調合ペイントもオイルペイントも外壁塗材には不向きです。

 

塗料の成分とペンキにはない役割とは

基本的に外壁で使われているも塗材は塗料を指します。塗料は、植物油などで希釈されたペンキと成分が異なり、顔料・樹脂・溶剤などが含まれています。

 

塗料は、ペンキよりも対候性(気候の変化への耐性)が高いため、劣化しにくいといえるでしょう。さらに、外観もペンキに比べて美しくなりやすいという利点もあります。

 

外壁にペンキを使うメリット・デメリット

壁にペンキを使うメリット・デメリット

 

ペンキは外壁塗材には不向きと上で記載しましたが、メリットもいくつかあります。ここでは、外壁にペンキを使うメリットとデメリットをご紹介します。

 

素人の方ですと、塗料よりもペンキのほうが塗りやすいと感じるかもしれません。しかし、長い目で見ると塗料の方がよいでしょう。これらの理由もここでご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【メリット1】価格が安い

まずはなんといっても価格が安いことです。合成樹脂調合ペイントはホームセンターなどで塗料より低価格で販売されています。その中でもアクリル系のものはとくに価格が安く、手軽にDIYができるという魅力があります。

 

【メリット2】塗りやすい

ペンキのメリットは作業性が高いことです。ペンキは一度に厚く塗ることができるためムラになりにくく、きれいに塗りやすいので初心者にはおすすめです。

 

【デメリット1】劣化しやすい

ペンキは耐候性、耐熱性、防カビ性、防水性のすべてが欠落しているといわれています。そのため、変色や劣化、カビの発生や繁殖が起こりやすいのです。ペンキは安く入手できる反面、劣化というデメリットが大きいということがわかります。

 

【デメリット2】乾燥性が低い

ペンキは塗料に比べて乾燥時間が遅いというデメリットもあります。ペンキの中にもオイルペイントや合成樹脂調合ペイントがあり、オイルペイントよりは合成樹脂調合ペイントのほうが乾燥性は高いです。

 

しかし、塗料に比べて乾燥時間はどちらも長い傾向にあります。乾燥が遅いと、作業効率が下がってしまいますよね。

 

外壁塗装の塗料にはなにがあるの?費用はどれくらい?

外装塗装には塗料がおすすめです。しかし一口に塗料といっても、さまざまな種類があり、なにを使用すべきなのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは外装塗装の塗料の種類やそれぞれの値段についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

グレードの種類

塗料の中でもさまざまなグレードがあり、グレードによって、耐久年数や価格帯が違います。ここでは、塗料のグレードをアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つに分けてご紹介していきます。

 

・アクリル

アクリルは耐久年数が5~7年となっています。価格は平米あたり1,400~1,600円ほどとなっていて、耐久年数と価格の両方が塗料の中で一番低い傾向にあります。このアクリルは、外壁塗装にはあまり使われることがないようです。

 

・ウレタン

ウレタンの耐久年数は8~10年といわれており、価格は平米あたり1,700~2,200円ほどとなっています。主に、ベランダ防水工事に使用されることが多いようです。

 

・シリコン

シリコンの耐久年数は10~15年でアクリルの約3倍近くあります。価格は平米あたり2,300~3,000円ほどと少し高くなっていますが、シリコンは最もよく使われる塗料です。調理器具でシリコンがよく使われていることからもわかるように、とくに耐熱性の高さに期待できます。

 

・フッ素

フッ素の耐久年数は12~15年で、シリコンとさほど変わりません。価格は平米あたり3,800~4,800円ほどと一番高くなっています。フッ素は耐候性だけでなく、耐熱性、防カビ性、防水性、乾燥性のすべてに優れているため、塗料の中でも最高の性能といわれています。

 

水性か油性か

塗料の中にも水性と油性があります。水性、油性の違いは塗材を溶かしている液の種類のことです。

 

水性塗材は水を入れて塗材を薄めています。水性塗材の場合、においはさほど強くありません。耐久性や塗りやすさは油性に劣る部分がありますが、価格の安さやにおいといった面では水性の方がよいでしょう。

 

油性塗材ではシンナーを使って薄めています。そのため刺激臭が強く、保管もしにくくなります。耐久性や塗りやすさを重視する方には油性塗料がおすすめです。ご自分の使用目的や状況に合うものを選ぶようにしましょう。

 

色や艶の有無

一般的な塗料は艶ありを指すことが多く、艶消し剤を混入することで光沢度を下げることができます。光沢度の高い順から、艶あり、7分艶、5分艶、3分艶、艶消しの5段階があり、デザインによって使い分けます。

 

ここで注意したいのは、艶の少ない塗料は、不純物である艶消し剤を混入するため塗料本来の性能を落としてしまう可能性があることです。もし、とくにこだわりがないということでしたら艶ありを選ぶことをおすすめします。

 

ペンキをよりコスパよく外壁塗装を依頼する方法

ペンキよりコスパよく外壁塗装を依頼する方法

 

ここでは、コスパよく外装塗装を依頼するために、適切な業者選びやどんな塗料を使うべきかをご紹介します。自分で外壁塗装は不安なので、業者に依頼したいと思われている方はぜひご覧ください。

 

適切なグレードの塗料を選べば、コストパフォーマンスがよい!

外壁塗装にペンキを使用すると、長期的な美観や保護機能をあまり期待できません。単純に値段だけの比較だとペンキのほうが安くてよさそうですが、長期的に考えると塗料を使用したほうがコスパがよいといえるでしょう。

 

やはり品質のいいものは、価格が上がります。しかし、塗り直しや修理などを考えると高くても品質のよいものを選ぶほうがよいでしょう。逆に、こまめに外壁を塗り直してデザインを変えたいと思っている方は、ペンキのほうがよいかもしれません。

 

高い技術で、適切な塗料を施工してくれる業者を探すには

外壁塗装を失敗しないために、業者選びは慎重に行いましょう。優良業者のポイントとしては、有資格者など信頼できるスタッフがそろっており、安心できる実績があるかどうかです。

 

また、保証やアフターフォローがしっかりとしている業者を選びましょう。外壁塗装では塗った直後はきれいに見えたものの、塗ってから数年ですぐに劣化してきた……という事態も起こる可能性があります。

 

しっかりと保証制度やアフターフォローが整っているところであれば、万が一の事態に備えることができますよね。また、アフターフォローや保証制度を設けている業者は、塗装の品質や技術に自信をもっていると判断できます。

 

比較サイトで相見積もりをとって、安心価格で依頼しよう

外壁塗装業者の中には、相場より大幅に金額の差があるところもあります。相場よりあまりにも低すぎる業者や高すぎる業者には注意が必要です。

 

外壁塗装の相場を知るために、まずは比較サイトで相見積もりをとってみましょう。値段だけでなく、先ほどもご紹介したようにアフターフォローなどの内容にも注目してみてください。せっかく安く外壁塗装ができても、すぐにまた塗り替えとなったら結果的にコスパが悪くなってしまいます。

 

安心の価格で、高品質な塗装を考えている方は、相見積もりで複数の業者をじっくりと見比べることをおすすめします。

 

まとめ

ペンキと塗料の違いから塗料のグレードなどさまざまなものをご紹介してきましたが、おわかりいただけたでしょうか?塗装初心者の方はペンキでもよいですが、本格的な外壁塗装を考えている方は塗料を使うことをおすすめします。

 

塗料の中にもグレードがあるので、ご自身の使用目的などに合わせて塗料を選びましょう。そして、外壁塗装を自分でやるのは不安と思っている方は、業者の力を借りてみるのもおすすめです。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。
tel:0120-501-276
3つの項目でカンタン見積り

3つの項目でカンタン見積り!

建築種別
坪数
電話番号