家の外壁塗装をしないリスク|施工内容~費用相場まですべて解説!

家の外壁塗装をしないリスク|施工内容~費用相場まですべて解説!

「家の塗装が剥がれてきちゃったな…」「塗装し直したほうが良いかも…」と気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

外壁は、塗装の必要がある部分をきちんと直さないと、結果的に家にダメージを与えることにもなって、家の修繕をしなければいけなくなる場合もあります。

そこで今回は、外壁塗装をおこなうタイミングはいつなのか、塗装工事の費用を安くするためにはどうすればいいのか?などを説明します。

また、塗装工事の時期を早めに検討することの大切さ、放っておくとどんなトラブルが起こるかといったことも書いていきます。

外壁塗装工事の費用をおさえて、後悔しない外壁塗装ができるよう、参考にしてみてください。

家の外壁塗装が必要になる劣化症状5項目!

「外壁塗装っていつ頃を目安にするといいのかな?」と思われている方も多いのではないでしょうか。この章では、外壁の劣化症状からわかる塗装時期の見極め方を紹介していきます。以下の5つにあてはまる症状がみられる場合は、外壁工事が必要な時期だといえるでしょう。

1.壁に手を当てると白い粉がつく
塗料の耐久性がなくなり、粉状になっていると手のひらに白い粉がつきます。このまま放っておくと紫外線や雨水を防ぐことができず、ひび割れなどをおこしてしまいます。この状態になった場合はすぐに塗装するようにしましょう。

2.外壁塗装が剥がれている
素人でも目にみてわかるような剥がれがある場合は、すでに外壁塗装の効果が消えていると考えられます。防水性がなくなっているので、すぐに外壁塗装をしなければいけません。放っておくと建物自体が劣化し、余計に費用がかかってしまいます。

3.カビ・コケの繁殖がみられる
外壁塗装の一部に汚れや雨水がたまるとカビやコケが繁殖しやすくなります。外壁塗装の劣化にもつながるので注意しましょう。予防策としては2~3カ月に1回の掃除が有効ですが、自分で手が届かないところは業者に依頼するしかないでしょう。緊急性はないにしても、塗装工事を検討する時期といえます。

4.ひび割れがみられる
紫外線や雨風をまともに浴びていると、塗装の膜がだんだんと削られ、薄くなっていきます。そうなるとひび割れが起こりやすくなり、最初は細い線だったものが次第に大きくなり雨漏りを引き起こすおそれが出てくるので注意が必要です。こちらも緊急性はないにしても外壁工事を早めに検討する時期といえるでしょう。

5.外壁塗装がめくれている
外壁塗装のめくれは、施工不良や手抜きが原因で起こることが多く、太陽の熱によって塗装の内側の温度が上昇、水蒸気によって押し上げられるといった症状です。めくれが見つかった場合は、いずれ外壁塗装の剥がれとなっていきます。

どうしてもすぐに、というわけではありませんが、外壁工事を検討するべき時期と判断しましょう。すぐに修理が必要なくとも、早めに検討しておくと時間をかけて、よりよい業者を選ぶことができます。業者を選ぶ際には、まずは無料診断を申し込んでみましょう。

【時期で判断】家の外壁塗装をおこなうタイミング

【時期で判断】家の外壁塗装をおこなうタイミング

外壁の劣化状況をみて塗装工事をおこなう以外にも、目安として、築年数が10年以上経っていれば、それは外壁塗装をおこなうタイミングです。そのほかにも、自らのタイミングで余裕をもって計画するほうが金銭面でもお得なこともあります。

ライフステージが変わったタイミング

どんなご家庭にも、さまざまな転換期があると思います。「子どもが入学した」、「親との同居を決めた」、「子どもが独立した」など、生活が大きく変わる場面ですね。生活が大きく変わるときに心機一転外壁工事をおこなうのもひとつの選択肢です。

塗装業者の繁忙期が過ぎたころ

需要が多くなると業者は忙しくなります。見積りしてもらいたいのに他にも依頼者が多くて順番待ちをしなくてはならないなど、依頼者側が我慢をしなくてはならない場面が生じることになります。

工事説明や打ち合わせなど、ゆっくりと余裕をもって接してもらうために、繁忙期とかぶらないように時期を選ぶという選択肢もありますね。

【季節で判断】家の外壁塗装をおこなうタイミング

外壁塗装には適している季節があります。「塗料」というのは、その性質上、どうしても天候にされやすくなってしまいます。つまり、塗装に適したよい気候、悪い気候があるということです。この章では知っておくべき塗料と気候の関係をあげていきます。

季節のメリット・デメリットで判断する

季節のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

春・秋:気候が安定していて塗装に適しているが、業者の繁忙期で日程を調整しづらい。

夏・冬:比較的日程を調整しやすいが、天候が荒れることが多く長期間の塗装には向かない。

外壁塗装に適しているは気温・湿度ともに安定している春と秋です。しかし、このような気候のよい時期は繁忙期でもあるということは変えられない事実です。慌ただしく作業が進むけれど、気候のよい時期を選びたいというのであれば、春や秋がよいでしょう。

それに比べ、夏と冬は台風や雪のように気候的には不安定なところがありますが、塗装依頼が少なくなる時期なので業者との日程が合わせやすくなっています。

大規模なマンション等でなくとも、基本的に塗装は2週間近くかかりますので、この時期に塗装をするのであれば天気予報をしっかりチェックしておかなくてはなりません。

気温が5度以下・湿度が85%以上のときは避ける

外壁塗装で使う塗料は、気温と湿度の関係が左右する、とても繊細な材料です。そのため、気温が5度以下の場所、湿度が85%以上の場所では塗料を塗っても剥がれ落ちる可能性が高くなります。冬の寒い日や一日中雨が降っているときなど、無理に工事を進めるのは避けたいですね。

雨の日の塗装は難しい

外壁塗装の塗料は、しっかりと乾燥時間を取ることで塗料の膜ができ、紫外線や雨水などから家を守る防御壁となります。

乾燥時に雨が降ってしまうと「乾ききっていない部分が流れ落ちる」「塗りなおしても乾燥しきっていないのですぐに剥がれてしまう」ということがおきてしまいます。

こうしたことからも梅雨の時期に外壁工事をおこなうのはおすすめできません。梅雨でも晴れていれば外壁塗装はできますが、いつ雨が降るかわからないというリスクを背負ってまで、工事をする必要はないでしょう。

外壁塗装の塗り替えをしないと起こるトラブル

外壁塗装の塗り替えをしないと起こるトラブル

外壁塗装は、好みのデザインを考えるのに時間がかかってしまったり、塗装自体が大掛かりな作業にもなってしまったりするため、どうしてもすぐには行動できないこともあるでしょう。

また、いつかはやらなければならないと思っていても、金銭面の問題や日々の忙しさで後回しにしているのかもしれません。もし放置していると、いったいどうなっていくのでしょうか?

劣化による外壁トラブル

外壁塗装は、いつかダメになる日がきます。新しい家を購入するときにはあまり想像できないことかもしれません。しかし、外壁は紫外線や雨風、ときには台風からも我々を守ってくれているわけですから、悪くならないはずがありません。

劣化し、防水効果が低下することによって、ひび割れが起こり、同時に外壁が浮いてくるという問題がおきてしまいます。

湿気による外壁内部のトラブル

外壁塗装の劣化が進み、ひび割れができると、雨や湿気が入り込んできます。そこから外壁の内側の劣化がはじまり腐食していくことになります。

そうなってくると、雨漏りだけではなく外壁が崩れ落ちるということにも及び、とても危険です。

さらに腐食が進むと、家が傾くという事態にもなりかねません。そこまで放っておくと、外壁塗装をするだけでは解決にならず、外壁自体を変えなくてはならなくなり、かなりの費用がかかってしまいます。

家の外壁塗装、工期や作業工程はどんな感じ?

実際の工期や作業工程はどうなっているのでしょうか。ここでは、一般的な工程の流れを目安として書いていきます。

施工期間の目安

施行期間といってもアパートやマンション、戸建てなど住宅の種類によって変わってきます。今回はこの3つで比較してみましょう。

住宅の形、規模、施工する時期などによって施工期間は変わってきますが、一般的な戸建ての場合、外壁塗装の施工期間は10日~14日です。

アパートの場合は14日~21日程度です。戸建てに比べて規模が大きいこと、ベランダや外階段などの防水塗装も含まれる場合が多いという理由で工期が長くなります。

マンションの場合はさらに長くなり、工期が1カ月~2カ月程度かかります。天候や季節ももちろんですが、職人の人数によっても幅が出てしまいます。

規模が大きくなるため、足場の設置や職人の待機場所、トイレなどを仮設することが必須となり、その分施工期間が長くなります。50戸以上のマンションの場合はさらに工期も長く、2カ月以上かかることもあります。

施工手順

ここでは施工手順を簡単に紹介します。

1)足場を組む・保護シートを設置する
外壁塗装は、最初に足場を組むことから作業がはじまります。あっという間に終わる作業ですが、騒音がかなり激しいので近隣の方へのあいさつなど考慮が必要です。また、足場に保護シートをかけるのも近隣への気遣いで、塗料の飛び散りを回避します。

2)外壁、屋根の洗浄
高圧洗浄機を使用して汚れを取る作業です。汚れがついたままでは、きれいに塗装するのが難しくなるだけではなく、新しい塗装が剥がれやすくなっていまいます。洗浄はとても大切な作業の1つです。

3)養生テープを貼る・下地を調整する
塗料がついてはいけない部分を丁寧に養生テープで保護していく作業です。その後、下地を調整するために「ひび割れの修繕」や「サビ取り」をしていきます。

4)外壁を塗装する・屋根を塗装する
ここまでは準備でしたが、ここから本格的に新しい塗料を塗っていきます。外壁塗装は一般的に3日かけて3回塗るのが基本です。1回ずつしっかりと乾燥させて、2回目の塗装、3回目の塗装と進めていきます。悪天候の場合にはそれ以上かかることもあります。

この作業が終わると確認作業が入ります。片付けてしまってからでは再度の塗り直しが難しくなるので、この時点でしっかりと確認することが肝要です。

5)足場の解体・撤去
1)~5)の作業が完了したら、足場の解体・撤去をして作業が完了となります。解体・撤去はあっという間に終わる作業ですが、最初の足場組立のときと同様に騒音が激しいので、近隣の方にひとこと声をかけておくとよいでしょう。

塗装中に起こる日常生活の影響

外壁塗装がはじまると(正確には足場を組んだ時点から)家はほぼ締め切った状態になります。洗濯物をベランダに干すことができないといったストレスもあるでしょう。部屋にいても職人が作業している間はなんとなく落ち着かないかもしれません。

エアコンに関して、「室外機の温風で塗料を溶かしたり、汚したりしないか?」と心配を抱くかもしれませんが、エアコンは問題なく使うことができますので安心してください。業者も室外機まわりは考慮して換気ができるようにしてくれますので、夏でも問題なく室内で過ごせます。

DIYで家の外壁塗装をすればオトクになるの?

最近では、外壁塗装もDIYでやる人も増えているようです。自分でやることのメリットは、なんといっても業者に頼むより安く済むということです。また、自分でやることによって愛着が沸き、作業が好きなかたには楽しくて仕方のない趣味にもなります。

ただし、自分でやることのデメリットとして、「作業中の事故の可能性」「出来栄えの悪さ」「予定通りに完成しない」といったリスクもあります。また、一番注意してほしいのが「費用に関してのリスク」です。

予算をおさえるためにDIYをしたのに、途中で問題がおきてプロに頼まなくてはならなくなった。ということにもなりかねません。例えば、自分で外壁塗装工事をやることにした人が、工事途中で怪我をして作業できなくなったということがあるかもしれません。

また、「やり始めたら思ったよりも壁の腐敗がひどい……」「一応塗装してみたものの、上手くいかずプロに依頼して修復作業からやり直すことになった」ということもあるかもしれません。そんなことになるくらいなら、最初から業者に頼んだほうがいいですよね。

外壁塗装は高額な費用が必要です。「素人が手を出す」=「リスクが高くなる」ということを覚えておきましょう。

家の外壁塗装を依頼したときの費用相場と内訳

外壁塗装をしなければならない時期は必ずやってきます。そのときになって「費用はいくらかかるのかな?」と思っていては、「どうしよう!予算の都合がつかない!」ということになってしまいます。そうならないように、ここでは大まかな工事費用をお伝えしていきます。

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の料金相場は80万円~150万円ほどです。料金の下限と上限の差が大きく、なぜこんなに価格差があるのか疑問を抱くかたもいるでしょう。しかし、それには外壁塗装ならではの理由があるのです。

実際に30坪の戸建ての外壁塗装をおこなうための費用を算出するので、一例として下記の表を参考にしてみてください。一般的に30坪の外壁面積は120㎡~129㎡となっています。

外壁塗装料金
項目 平米単価(120㎡で計算) 合計
足場 600円 72,000円
高圧洗浄 200円 24,000円
養生 350円 42,000円
飛散防止ネット 150円 18,000円
シーリング 750円 90,000円
下地補修(状態により料金変化) 20,000円
下塗り 700円 84,000円
シリコン系塗料 3,500円(2回塗り) 420,000円
廃棄物処理・ゴミ処理など(量により料金変化) 20,000円
合計 790,000円

この表はあくまで一例ですが、外壁塗装では項目ごとに細かく料金が設定されています。また、今回は30坪の戸建ての外壁を120㎡と仮定して計算しました。

しかし、実際はメジャーを使って家の面積を測ったり、床面積から計算したりするので、同じ30坪の戸建てでも面積の数値は微妙に変わってきます。

そのため、少しでも外壁面積が広くなったりするだけで数万円もの価格差が発生することもあるでしょう。また塗料の種類、家の劣化状況によっても料金は変わってきてしまいます。

廃棄物処理等の付帯費用も業者によって大きく変わってくる部分ですので、複数の業者に見積り依頼して検討されることをおすすめします。

費用の内訳(塗料+工事代+足場代+利益)

一般的な費用の内訳を比率でみていくと、「塗料費用20%」「施工費用30%」「足場代金20%」で、残りの30%が利益ということになります。

まず「塗料費用」ですが、上述したように塗料は種類によって大きく値段が変わるものです。アクリル塗料で約3~5年、ウレタン塗料で約5~7年、シリコン塗料で約7~10年という耐久性があるといわれ、その他にも約15年以上もつ塗料もあります。

アクリル→ウレタン→シリコンの順に料金も高くなります。ですが、経済的に無理をしてまで材料をよくする必要はありません。将来を見据えて「あとどのくらいこの家に住むのか」「世代交代する時期はいつか」などを考慮して、耐久年数にみあった材料を選ぶといいでしょう。

「施工費用」は塗装前におこなう「洗浄」、「シーリング加工」や塗装職人の工事に対して発生する人件費もこれに含まれます。塗装面積によっても変わってくる費用です。

「足場代金」はその名の通り足場を組むのにかかる費用です。建物よりもひとまわり離れた場所に設置するので、家の外周に8mプラスして計算されます。足場代金、飛散防止ネット代金も足場の面積により変わる料金です。

見積りを受け取ったらここを確認しよう!

業者から見積りを受け取ったら、合計金額だけではなく、内容にもしっかりと目を通しましょう。特に、「一式○○円」といった表記になっている場合には、すべて明確に表示してもらうようにお願いしてみましょう。

例えば、「ゴミ処理、雑費 一式20,000円」となっている場合、「ゴミ処理 ○○円」「雑費 ○○円」と明確にしてもらい、大まかすぎる概算がないか確認してください。

また、塗料のメーカー名、塗装面積以外にも、塗料の量(何缶使うか)を明記してもらい、納得できる内容で契約しましょう。

まとめ

外壁塗装のタイミングのベストはいつなのか、5つの劣化症状を具体的にあげて紹介しました。また、放っておくとどんなトラブルが出てくるのか、外壁工事の作業の流れや費用の内訳などについても詳しく説明しました。

また、自分でDIYをしようと思っている方へ、業者に依頼しないと思ってもいなかったリスクが出てくる可能性があることも提唱しました。

いつか必ずしなければいけない外壁塗装工事です。前もってイメージし、計画をたてることが大事なポイントとなります。この記事が、外壁塗装工事をされるかたの参考になれば嬉しいです。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。
tel:0120-501-276
3つの項目でカンタン見積り

3つの項目でカンタン見積り!

建築種別
坪数
電話番号