外壁のひび割れは放置すると危険!原因と発見後の対策を解説

外壁のひび割れは放置すると危険!原因と発見後の対策を解説

「家の外壁にひび割れを発見した……。これってすぐに修理しないといけないのかな?そもそも修理ってどうすればいいんだろう?」家の外壁にできたひび割れはなんだか気になりますよね。

しかし実際に被害が発生していなかった場合は、修理をした方がよいのかどうかわからないことだってあるかと思います。

しかし、どんなに小さなひび割れでも放置しておくと、どんどんひび割れは拡大していき、大きな被害を発生させてしまう危険性があるのです。

今回は、外壁のひび割れの種類や応急処置の方法、業者へ修理を依頼する判断基準についてのことをまとめてみました。まずは、家で発生しているひび割れの大きさを確認し、適切な対処をするようにしましょう。

ひび割れが引き起こすリスクとは

建物は建築年数を重ねることにより、どんどん劣化していきます。建物が劣化してくると発生するトラブルのひとつが、外壁のひび割れです。

初めは細くて小さなひび割れかもしれませんが、放置しておくとひび割れは次第に拡大してしまいます。そして、拡大したひび割れは、さまざまな被害につながるのです。はじめに、外壁のひび割れが引き起こす被害についてご紹介していきます。

雨漏りに繋がる

拡大した外壁のひび割れからは当然、雨水が侵入してきます。さらに状態が悪化すると、建物の中で雨漏りが発生してしまうのです。

また、ひび割れが原因で発生した雨漏りは、原因特定に時間がかかってしまう傾向にあります。見逃さずに早めに対処することが肝心なのです。

建物自体の耐性が落ちる

ひび割れから雨水などが侵入してしまうと、やがてそれは壁の内部に浸透し、壁を腐らせます。外壁が腐敗すると、家全体の耐久力が下がってしまうおそれがあります。

家の見た目が悪くなる

ひび割れは建物の耐久力を下げたり、雨漏りを引き起こしたりするだけでなく、当然のことながら、その建物の外観も損ねてしまいます。

外壁のひび割れを見た人は、まずその建物によい印象を抱かないでしょう。人目に付きやすい箇所でひび割れが発生している場合は、早急に対処した方がよいかもしれません。

家が傾いてしまう原因になる可能性がある

建物の劣化が進み、外壁にひび割れが生じてしまうと耐久力が落ちて、建物が傾いてしまうことがあります。さらにひび割れを放置しておくと、地震などの大きな衝撃が建物に加わったときに建物が倒壊してしまう危険性もあるのです。

ひび割れを直すにはどうすればいい?

ひび割れを直すにはどうすればいい?

家で外壁のひび割れを発見した方は、すぐにでもひび割れを直した方がよいでしょう。しかし、ひび割れにも程度があり、外壁のひび割れはどのように直せばよいかわからない方もいるかもしれません。それでは、次に外壁で発生したひび割れの直し方についてご紹介していきます。

0.3mm以上1mm以下のひび割れの場合はまず応急処置を

まずは、家で発生したひび割れの幅を測ってみてください。もしひび割れの幅が0.3mm以上、1mm以下であれば、緊急で補修をおこなう必要はありません。しかし、ひび割れは放置しておくとどんどん広がっていきます。被害が発生する前に応急処置をしましょう。

1mm以上のひび割れは放置すると危険

外壁に発生しているひび割れの幅が1mmを超えている場合は、外壁下地や構造にまでも害が及んでいる可能性があります。そのまま放置しておくと、家の倒壊の危険性があるので、すぐに業者に修理を依頼することをおすすめします。

応急処置の種類と手順

家の外壁で発生しているひび割れの程度を確認することができたら、いよいよ応急処置にとりかかっていきましょう。応急処置の方法についてはいくつか方法があるので、ひとつずつご紹介していきます。自分に合った応急処置をおこないましょう。

チョーク式

まずは、チョーク式セメントを使用した応急処置についてお話ししていきます。これは棒状のセメントをひび割れ部分に塗りつけていくだけで、外壁のひび割れを補修することができるものです。

しかし、適度に力を加えないとセメントが外壁に定着せず、作業にも時間がかかるので、広範囲を補修する際には向いていません。

スプレー式

次にスプレータイプのセメントを使用した補修法をご紹介します。これは名前の通りスプレーで粉状のセメントをひび割れした部位に吹き付けていく補修法です。

チョーク式セメントと比べると、短時間で補修ができますが、ひび割れしていない部分にもセメントがかかってしまうというデメリットがあります。

シーリング剤を使った応急処置の手順

最後にシーリング剤を使用した補修法をご紹介します。以上の2つの方法よりかは少し手間がかかりますが、効果は期待できます。それではまず作業に取りかかる前に以下の物を準備してください。

  • 養生テープ(マスキングテープ)
  • ヘラ
  • シーリング剤(ウレタン系かシリコン系がおすすめ)
  • プライマー(下地剤)

これらはすべてホームセンターで揃えることができます。それではいよいよ作業に取りかかっていきましょう。

【1.施工箇所をきれいにする】
まずは施工箇所を水できれいに洗ってください。もし施工箇所に汚れが付着していると、シーリング剤が外壁にしっかりと密着しません。

また、施工箇所に油が付いている場合は、アルコール液を浸した布で拭きとるか、高圧洗浄機で洗浄するとよいでしょう。

【2.養生テープを貼る】
施工箇所をきれいにすることができたら、作業中に施工箇所以外のところが汚れないように養生テープを貼りましょう。養生テープはマスキングテープを使用するとよいでしょう。

【3.プライマーを塗る】
それでは、ひび割れしている所にプライマーと呼ばれる下地剤を塗っていきましょう。これを使用することによって、外壁とシーリング剤の密着性を高めることができます。

また、シーリング剤のメーカーにプライマーの指定がある場合は、指定されたものを使用するようにしてください。

【4.シーリング剤を充填する】
プライマーが十分に乾燥したら、ひび割れ部分に少し盛り上がるようにシーリング剤を充填していきましょう。このとき隙間は絶対に空けないようにしてください。

【5.ヘラで形成する】
シーリング材を充填することができたら、すぐにヘラでシーリング材をひび割れ箇所に押し込むようにして、表面のムラを伸ばしていくようにしてください。以上でシーリング剤を用いた応急処置は終了です。

外壁のひび割れの原因と種類

外壁のひび割れの原因と種類

外壁に使用されている素材にはさまざまなものがあり、外壁のひび割れの原因もさまざまです。では外壁に使用されている素材にはいったいどんなものがあるのでしょうか?

また、それらの素材に発生するひび割れの種類や原因にはどのようなものがあるのでしょうか?次に外壁素材別のひび割れの種類と、発生するひび割れの種類についてお話していきます。

外壁素材別のひび割れの種類

【モルタル】
モルタルの外壁は地震などの大きな衝撃が加わったときや、乾燥収縮によってひび割れが発生してしまうことがあります。特に塗装時の乾燥の際にひび割れが発生しやすいのが特徴です。

【サイディング】
サイディング材の壁は、衝撃を吸収するつなぎ目のシーリング部分が劣化してひび割れが発生してしまうケースが多いです。シーリング部分のひびを放置しておくと、そこから雨水が侵入して、雨漏りが発生してしまい、家全体の劣化につながります。

【タイル】
タイルの外壁にはタイル自体にひび割れが発生するか、目地部分にひび割れが発生する場合があります。対処法としては、タイルを交換するか目地の間にエポキシ樹脂を入れるとよいでしょう。

【コンクリート】
コンクリートの外壁はモルタルの外壁と同様、地震や乾燥収縮によってひび割れが発生してしまう場合があります。

外壁に発生するひび割れの種類

                                               
では次に、外壁に発生するひび割れの種類について見ていきましょう。外壁に発生するひび割れには、おもに4つの種類があります。

【ヘアクラック】
まずはヘアクラックについてご説明します。名前の由来はヘアー(髪の毛)から来ており、髪の毛のように細いひび割れのことをいいます。塗膜に発生しやすく、経年劣化や、塗装時に十分に塗料が乾いていないのに、上塗りをしてしまうことが原因で発生してしまいます。

【構造クラック】
構造クラックとは、冬場に建物が凍結、解凍を繰り返したときや、地震などで建物が大きく揺れたときに外壁材に負担がかかり、発生したひび割れのことをいいます。

【乾燥クラック】
モルタルなどの外壁材の乾燥過程で発生するひび割れのことをいいます。原因はペースト状のモルタルが乾燥するときに塗料に含まれている水分が蒸発することで、収縮してしまうことにあります。

【縁切りクラック】
モルタルなどの外壁材を塗るときに、通常なら一気に仕上げます。しかし途中で作業を中断してしまったり、一部を塗り直したときに新しいモルタル面と古いモルタル面のつなぎ目に生じるひび割れのことを、縁切りクラックといいます。

外壁のひび割れは専門業者に適切な処置をしてもらいましょう

外壁のひび割れは自分でも修復することはできますが、ひび割れの幅が1mm以上に達しているときは、すぐに業者に修理を依頼したほうがよいでしょう。

また、小さなひび割れでも自分で修復することに自信のない方は、無理して自分でなんとかしようとせず、業者に相談することをおすすめします。

業者に連絡する前に確認しておくこと

外壁のひび割れが自分で修復できないと判断したときは、業者にすぐに修理を依頼するのがよいのですが、その前に、家の外壁の保証書や契約書があるかどうか確認してみてください。

だいたいの場合は保証書があるはずなので、内容を確認してみましょう。条件によっては、業者が修理費用を負担してくれる場合があります。

まとめ

外壁のひび割れは放置しておくと後に大きな被害へと発展してしまうことがあります。まずは、外壁のひび割れの程度を確認して、自分で補修できるかどうかを確認しましょう。

もし、ひび割れの幅が1mm以上だった場合は、すぐに業者に修理を依頼するようにしてください。また、業者に修理を依頼する前には、必ず保証書や契約書の内容を確認するようにしましょう。場合によっては無償で外壁の修理をしてくれるかもしれません。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。
tel:0120-501-276
3つの項目でカンタン見積り

3つの項目でカンタン見積り!

建築種別
坪数
電話番号