外壁素材の種類や選び方のポイント!価格相場や耐久性を比較

外壁素材の種類や選び方のポイント!価格相場や耐久性を比較

買ったときにはピカピカだった新築も、10年20年と住んでいれば、いろいろと劣化している部分がところどころ見えてしまうものですよね。とくに外壁の劣化は、ご近所さんや通行人にも目に付きやすいところです。

外壁が劣化していると見栄えが悪いばかりでなく、家の機能性が下がっていないかと不安になってしまう方も多いでしょう。外壁の補修を依頼しようか、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外壁は素材によって、長持ちするものや見栄えのいいものなど、それぞれに異なった特徴があります。

今回は外壁工事をご検討中の皆さんに向けて、外壁の素材による違いや、外壁材を選ぶポイントについて解説いたします。新築の外壁でお悩みの場合も、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

外壁材の選び方の基本

外壁材を選ぶといっても、そもそもなにを基準に素材を選べばいいのかわからない方も多くいらっしゃることでしょう。サイディングやコンクリートなど、数ある素材の中から実際に使用する外壁材を選ぶには、外壁に対してなにを重視するのかを考えなければなりません。

デザイン性で選ぶ

外壁は住宅の印象を決める重要な要素です。オシャレな家に住みたいと考えているのなら、外壁のデザインにはこだわるべきでしょう。

外壁材の中でも「サイディング」という素材は、デザインや色が豊富な素材として知られています。また、一般住宅で広く使用されている「モルタル」は、補強用の塗料を塗って仕上げていくのが特徴的な素材です。

モルタル外壁は塗料の塗り方によってデザインがおおきく変わり、重厚な仕上げにしたり、ハンドメイド感のある落ち着いた風合いにすることもできます。外壁工事を依頼する際には業者とも相談しながら、理想のデザインを作ることができる素材を選んでいきましょう。

機能性で選ぶ

耐水性や耐風性、耐火性に遮音性、耐震性など、外壁はさまざま面で住宅を守る役割を担っています。また、長く使っていける耐久性も重要な要素です。

とくに機能性の高い素材として知られているのが、「ALC」です。ALCは通常よりも耐震性や断熱性に優れているコンクリートです。また、樹脂系のサイディングはほかよりも耐水性に優れており、将来的なメンテナンスも容易な素材となっています。

さまざまな強みをもった素材がありますが、残念ながらすべての機能が完璧な素材は存在しません。住んでいる地域などにもあわせて、どのような機能を重視していくのかを考えましょう。

コスパで選ぶ

外壁補修や外壁塗装は、数百万単位の費用が必要になることもある作業です。そのため、とにかく安く済ませたいと考える方も多くいらっしゃることでしょう。

外壁補修の費用は使用する素材によっておおきく変化します。施工の初期費用を安くしたいのであれば、窯業系サイディングや板張りの外壁を作るとよいでしょう。

また、外壁の費用で無視できないのが、将来的なメンテナンスの費用です。レンガやタイル、漆喰などの劣化しにくい素材であれば、メンテナンスの費用をほかの素材よりも気にせずに長く使うことができます。

初期費用は少しお高くなってしまいますが、長く同じ家に住んでいくことを考えれば、お得な選択かもしれません。

外壁材の種類・特徴を網羅!

外壁材の種類・特徴を網羅!

外壁材は施工を依頼する目的や、外壁になにを重視するかによって使う素材を考えるべきです。とはいっても、どのような素材があって、それぞれなにが優れているものなのかを詳しく存知の方は少ないのではないでしょうか。

どのような外壁材があるのかを詳しく知っておけば、外壁の補修や塗装について、より具体的に考えることができるでしょう。代表的な外壁材の特徴をご紹介していきます。

サイディング

外壁層の表面に仕上げとして貼り付ける板状の外壁材のことを、サイディングといいます。サイディングで外壁を覆うことによって、外壁内部を守って壁の劣化を抑えることができます。

また、サイディングは工場で製造されたものをそのまま貼り付けて施工するので、職人の腕によって仕上がりの品質が左右されることはほとんどありません。そのため、施工前に想定した通りの品質の外壁を作りやすい仕上げにもなっています。

サイディングは使用している素材によって、仕上げ後の特徴がおおきく異なります。サイディングの素材ごとの違いを見ていきましょう。

・窯業系サイディング
窯業系サイディングは、セメントをもとに繊維質や無機物を混ぜて作られるサイディングです。現在日本で最も広く普及している外壁材で、新築の7割以上が窯業系サイディングの外壁を使用しているといわれています。

窯業系サイディングは主成分であるセメントのおかげで耐火性能が非常に優れているほか、耐震性も非常に高くなっています。タイルを模しているものや石材を使っているものなど、さまざまなバリエーションのデザインがそろっているのも特徴的です。

しかし、窯業系サイディングには水に弱いという弱点があります。セメントは火に強い一方で防水性能が低く、雨漏りや塗装の劣化に注意しなければならないのです。また、つなぎ目のコーキングはとくに劣化しやすく、環境によっては5年ほどで補修が必要になることもあります。

・金属系サイディング
金属系サイディングは、薄いアルミなどの金属素材をつなぎ合わせて仕上げるサイディングです。中に仕込まれた断熱材で断熱性能を確保しているほか、耐久性にも優れているサイディングになります。

また、防水性にも優れているため、水漏れなどの心配をする必要はありません。デザインも豊富で、表面をレンガや木目調にしたものも製造されています。

しかし、金属でできているからこその問題として、サビの発生に警戒しなければなりません。金属同士で接触する部分にサビがでやすいほか、海岸近くでは塩害によってもサビが発生してしまうこともあるでしょう。

・木質系サイディング
木質系サイディングはその名の通り、天然の木を使用したサイディングです。自然の木の風合いはほかに替えられるものはなく、非常に落ち着いたデザインの外壁を作ることができます。

しかし、木質系サイディングはほかのサイディングに比べ、機能面でのデメリットが少々多くなってしまうのです。まず、木質系サイディングはほかのサイディングに比べて、圧倒的に必要な費用が高いというデメリットがあります。

高級な木質系サイディングを使用した場合、窯業系サイディングの何倍もの価格差が生じることも無きにしも非ずなのです。

また、木質系サイディングは防火性が低く、地域によっては建築基準法の防火指定によっては使用が禁止されていることもあります。塗装の塗り直しも短ければ3年ごとに必要になるため、メンテナンスにも手間がかかります。

機能性がほかのものと比べると低い木質系サイディングは、近年では塗装などで耐火性能を上げて建築基準をクリアしているサイディングもあるようです。

また、レッドシダーやカラマツなどの比較的耐久性の高い木材を選べば、木質系サイディングの弱点を最大限補うこともできるでしょう。デザインを重視するなら、ぜひ考えてみるべき素材です。

・樹脂系サイディング
樹脂系サイディングは非常に軽量、かつ耐候性や耐久性に優れているサイディングです。ほかのサイディングのような打ち直しや塗装の塗り直しといったメンテナンスの必要がなく、北米やカナダでは広く普及している素材になります。

日本でも注目されつつある素材ですが、基本的にのっぺりとした仕上がりになるため、デザイン性が高い素材とは言い難く、好みがわかれるかもしれません。また、樹脂は紫外線に弱く、10年から20年経つとおおきく劣化して外壁が変色してしまうこともあります。

しかし、樹脂系サイディングの塗装は、耐久性にも塗装が関わるほかのサイディングと違い、見た目の維持以外にはとくに役割をもっていません。見た目を気にしないのであれば、半永久的に使える素材といえるでしょう。

モルタル

モルタルは平成初期までの戸建て住宅の外壁でよく見られた素材です。モルタルはセメントに砂と水を練り合わせて作られた、コンクリートにも近い性質をもった建築材です。

耐水性の低さから近年では採用率が減りつつありますが、モルタルを使った外壁は美しい仕上がりになるため、今も使用されることは珍しくありません。

モルタルの外壁は弱点である耐水性の低さを補うため、施工後に塗料を塗って仕上げていきます。仕上げに使用する塗料や、塗料の塗り付け方によって、モルタル外壁はそれぞれ異なる特徴をもつことができるのです。

・リシン仕上げ
リシン仕上げは、砂や砂利などを混ぜ込んだ塗料で仕上げていく方法です。リシン仕上げはのちに紹介するスタッコ仕上げよりも、塗装の凹凸の目が細かいのが特徴です。

リシン仕上げはほかの塗料に比べて費用が安くなる傾向がありますが、そこまでおおきな差はないため、仕上がりの好みによっては他を選んでもよいでしょう。

・スタッコ仕上げ
スタッコ仕上げは、リシン仕上げと同じように砂利などを混ぜ込んだ塗料を使用します。リシン仕上げよりも凹凸の目が粗い重厚な仕上がりで人気があり、この仕上げの建物を見る機会も多いでしょう。

スタッコ仕上げは吹きつけのあとにそのまま乾かすか、ローラーでならすかによっても仕上がりが異なります。そのまま乾かして仕上げると凹凸感が強くなることでさらに重厚な仕上がりになりますが、凹凸に汚れが溜まりやすくなるデメリットがあります。

・吹き付けタイル仕上げ
吹き付けタイル仕上げの一番の特徴は、なんといってもその独特な模様でしょう。実際にタイルを使うわけではなく、塗料の吹きつけによって、不規則なタイルが貼られているような仕上がりを作る方法となっています。

吹き付けタイル仕上げは耐久性に優れており、ほかの塗装よりもひび割れが起こりにくくなっています。特徴的な模様と耐久性から一時期は広く普及していた仕上げですが、劣化した後の見栄えが悪いという欠点があり、現在ではあまり採用されることはありません。

コンクリート

コンクリートは高い強度と気密性から、住宅に限らず多くの建物に採用されている建築材です。外壁材としてもよく使われる素材ですが、結露が起こりやすかったり、熱伝導率の高さから室内に熱がこもりやすいといったデメリットがあります。

また、コンクリートは圧縮しようとする力には強いものの、引っ張る力には弱いので、そのままでは地震などの災害に耐えることができません。そのデメリットを補うための工法が、「RC」です。

・RC
RCとは、コンクリートの中に鉄筋を仕込んで固める、いわゆる鉄筋コンクリートと呼ばれるものを作る工法です。鉄筋は引っ張る力には強く、圧縮される力には弱いという、コンクリートとは真逆の性質をもっています。

この真逆の性質をもつふたつの素材を組み合わせて双方の弱点を補ったのが、RC工法です。コンクリートは外見を気にしなければメンテナンスをする必要もなく、強い強度を生かして長く建物を使っていくことができるでしょう。

・ALC
ALCは通常のコンクリートとは少々異なった成分をもっており、内部に気泡が入っているのが特徴です。これにより、ALCはコンクリートの強度はそのままに、通常よりも扱いやすい素材となっています。

ALCは気泡の効果で通常のコンクリートに比べて非常に軽量になっているため、建物が揺れた際にかかる負荷が少なく、耐震性の向上につながっています。また、通常のコンクリートの弱点である調湿性の悪さも改善されており、快適な室内環境を作ることができるでしょう。

ほかにも高い耐熱性や遮音性を誇り、一見欠点はないように見えますが、機能の高さの分どうしても高い費用がかかってしまうデメリットがあります。また、気泡を含むという素材の特性上どうしても水を吸収しやすいため、雨などには弱くなっています。

レンガ

ヨーロッパの建築や、横浜の赤レンガ倉庫などの文化財でも見られる外壁材です。非常に魅力的な風合いをもちますが、扱いにくさから施工できる職人は多くありません。また、施工には多大なコストと時間を要します。

初期投資は圧倒的におおきくなってしまいますが、レンガは一度施工してしまえばなかなか劣化することはありません。施工後のメンテナンスの費用もかからず、維持する手間が少ないのはおおきなメリットといえるでしょう。

タイル

タイルは半永久的に使えるといわれるほどに強い耐久性をもった外壁材です。デザイン性、も高く、非常に魅力的な素材ですが、初期費用は非常に高額になります。

また、タイル自体は非常に強い耐久性をもっているものですが、タイルが剥がれてしまった場合などはメンテナンスが必要になるでしょう。

漆喰

漆喰は古来から利用されてきた、日本の伝統的な外壁塗装用の素材です。漆喰は空気に触れることで硬化するのと同時に石灰化していくため、塗装の強度が落ちることがありません。

殺菌力や防火性、調湿性も高く、環境にもやさしい、非常に優秀な外壁材です。しかし、施工にはそれなりの技術が必要になり、扱うことができる職人は限られています。

板張り

近年の新築ではあまり見かけることがない外壁です。ヒノキなどの板状の木材をそのまま張り付けた外壁で、木質系サイディングよりもさらに強く木の風合いが感じられるでしょう。

きちんと手入れをすれば長く使用できますが、3~5年ごとに塗装をし直して色あせや腐食を防ぐ必要があります。メンテナンスには手間がかかるかもしれませんが、素材自体は安価なものですので、初期費用は安く済ませることができるでしょう。

外壁劣化に注意!放置で発生する悪影響

外壁は外にさらされているものなので、どんな素材でも時間が経てば劣化していきます。長期にわたって外壁を維持していくには、劣化した部分を補修してメンテナンスしていくことが不可欠です。

劣化症状の4段階チェックリスト

外壁の劣化の症状はおおきく4つの段階に分けることができます。どのような症状が起こるものなのか見ていきましょう。

劣化段階1:ツヤ落ちや変色
主に日当たりのよい箇所で起こる劣化です。外壁材が日に焼けることによって、塗膜の樹脂や顔料が劣化し、ツヤ落ちや変色が起こってしまう症状です。見た目の問題ではありますが、家全体で色ムラがあると、想像している以上にみっともなく見えてしまう場合もあるでしょう。

劣化段階2:チョーキングやカビ汚れ
チョーキング、もしくは白亜化と呼ばれる症状が起こることもあります。これは外壁を触った際にチョークのような白い粉がついてしまう症状で、顔料が劣化して粉状になることで起こるものです。

チョーキングも一見大したことのない問題に見えるかもしれません。しかし、これが悪化していくと、顔料を失った外壁は保水性をもつようになり、カビを発生させてしまうこともあります。

劣化段階3:外壁や目地のひび割れ
ひび割れは塗装の下地にまで影響を及ぼしてしまう症状です。ひび割れのおおきさや場所によってそれぞれ問題は異なりますが、どれも放置しておくべきものではありません。

とくに下地の部分まで及んでいるおおきなひび割れの場合、下地まで雨水を侵入させてしまうことになり、一気に壁の劣化を早めていってしまいます。

また、サイディングなどで見られるコーキング材がひび割れることも多く、これも壁の機能を著しく下げてしまう原因になるでしょう。

劣化段階4:剥がれや欠損
外壁の劣化が進行していくと、外壁の塗装の膜が完全に剥がれてしまったり、塗装が浮いてしまったりといった症状があらわれます。塗装が剥がれたということは、下地を保護する機能が完全になくなっており、外壁の耐久性が著しく下がってしまっているということです。

これをこのまま放置してしまうと、最終的には外壁が欠損してしまうこともあります。早急な修理が必要な状態といえるでしょう。

劣化放置すると発生する悪影響

外壁は小さな劣化でも、次のおおきな劣化の原因になってしまうことが多くあります。一見大したことないように見える劣化でも、放っておくとどんどん次の段階へと進んでしまうかもしれません。

ひび割れや塗装の剥がれまで進んでしまうと、雨漏りが起こりやすくなったり、外壁内部が腐食して家が傾いてしまうこともあるようです。補修を本格的に考えるタイミングとしては、まだ下地への影響が少ない段階3のひび割れが起こったのを目処にするとよいでしょう。

外壁補修&塗装の全体的な流れ

外壁補修&塗装の全体的な流れ

外壁補修や外壁塗装を実際におこなう際の工程は、詳しくご存知の方は少ないでしょう。ひとつひとつの工程はどのような流れで進んでいくものなのでしょうか。

工程と期間の目安

外壁補修の全体の工程はすべて順調に進んだとして10日間かかり、実際は2週間でスケジュールを組む場合が多いでしょう。工事は大まかに、施工準備に1週間以上、塗装の塗り作業に3日以上、その後の手直しや後処理に2日以上を要します。

施工準備は足場の設置、施工前の現場洗浄、下地処理や養生など1日ごとにおこなうことが多いでしょう。もしこれよりも短い工期を提案された場合、どこかの工程で手抜きをしていることを疑わなければならないかもしれません。

また、注意しておかなければならないのは、外壁の施工は天候によってスケジュールがおおきく左右されるということです。雨の日などは作業をストップせざるをえなくなるため、もし悪天候が続いてしまうと工事のスケジュールにおおきな遅れが予想されます。

業者も天候だけはどうすることもできませんので、スケジュール通りにいかないこともあることを事前にきちんと把握しておきましょう。

事前の塗料選びが重要

外壁補修で重要なのが、事前の塗料選びです。塗料にはシリコン、ラジカル制御形、フッ素などの素材があり、それぞれ価格や耐久年数に違いがあります。

塗装は定期的に塗り直す必要があるものですが、耐久性の高い塗料を選べばメンテナンスの手間を少なくすることができるでしょう。

一般的に使われる塗料で耐久性が高いのは、フッ素や無機といった素材になります。多くの塗料は10年ほどで次の塗り直しをおこなう必要がでてきますが、これらの素材は20年以上機能することが期待できるでしょう。

しかし、耐久性の高い素材はその分費用も高くなってしまいます。費用と耐久性のバランスが取れており、採用されることが多い素材がシリコンです。また、近年シリコンと同じ価格帯でさらに耐久性が高いラジカル制御形の塗料が人気になっています。

このように塗料ごとの傾向はあるものの、外壁の下地にどのような素材を使っているかによっても使うべき塗料は異なります。実際にどのような塗料を使うかは、業者と相談しながら決めていくのが確実でしょう。

実際に外壁塗装業者に相談してみよう

外壁の補修や塗装に使う素材は、それぞれにさまざまなメリットデメリットがあるものですが、建物の状況によっても使うべき素材は異なります。

素材ごとの特徴を知っていても、それが本当に建物に合っているものなのか判断するのは、素人ではどうしても難しい部分があります。

本格的に外壁の工事を考える場合、使う素材は業者と相談しながら決めていくのが一番です。プロの目をもった業者が現地の状況を見て、最適な素材を提案してくれることでしょう。

また、使う素材は費用のこともよく考えて選ぶ必要があります。外壁の工事はどうしてもおおきなお金がかかってしまうものですので、懐事情もきちんと考えながら業者と相談していくことをおすすめします。

まとめ

常に外の雨風にさらされている外壁は、10年20年経つとどうしても劣化してしまうものです。外壁材は劣化したまま放置しておくと、雨漏りが起こってしまったり、建物が傾いたりなどの被害につながるかもしれません。

外壁材はデザイン性の高いものや耐久性が高いもの、費用が安く済むものなど、素材ごとに異なった特徴をもっています。

建物の状況によっても素材の相性があるため、外壁補修や外壁塗装を検討している場合は、その素材がご自身の建物に合っているものなのかもよく考えなければなりません。業者とよく相談していきながら決めていきましょう。

現地調査はもちろん無料! まずはお気軽にご相談ください。
tel:0120-501-276
3つの項目でカンタン見積り

3つの項目でカンタン見積り!

建築種別
坪数
電話番号